ポーラの薬用シワ改善クリームの有効成分ニールワンのメカニズムが凄かった!

日本初シワを改善する医薬部外品有効成分ニールワン配合の美容液を実際に使ってみた本気のレビュー記事です。

ポーラから発売されている日本初のシワを改善する有効成分ニールワン

どのように働くのかメカニズムについてまとめました。

ポーラのシワ改善クリームには有効成分ニールワンが配合されている
ニールワンはポーラ独自の研究で発見された成分です。

他の化粧品では見ない名前だなあと思っていたら、なるほどです。

ニールワンの正式な名前は、

三フッソ化イソプロピルオキソプロピルアミノカルボニルピロリジンカルボニルメチルプロピルアミノカルボニルベンゾイルアミノ酢酸Na

といいます。

長すぎるので短い愛称(みたいなもの)をつけたんですね。

 

そもそも人の肌になぜシワができるのか?

 

まず、なぜシワができるのか。

真皮のコラーゲンに着目した説明は沢山読んだことがありますが、

シワの原因は1つだけではなかったのです。

↓ ↓ ↓ ↓

  • 真皮のコラーゲンが減少・変形するから
  • 白血球の一種「好中球」が放出する「好中球エラスターゼ」がシワを作る←これに注目!

 

「白血球ってなんだっけ?」と言う文系女子のために図解しました。

↓    ↓    ↓    ↓

血の中には大きく分けて3つの働きをするものがあり、

そのうちの1つが白血球。

好中球はその中の1つです。

 

簡単に説明してみると、

シワをだと認識する⇒白血球の一種が集まって色々と働く⇒シワができる、という感じです。

 

がんばって傷(だと思い込んだシワ)に色々と頑張って働いてくれて、

そのせいで表情ジワや乾燥小じわが定着してしまうという…。

人間の体って凄いな…とある意味思いました。

 

ニールワンは好中エラスターゼを抑えてシワが定着しないように働く

 

シワ改善有効成分のニールワンは、

このカン違いを抑えてくれる働きをする、というわけです。

 

凄くないですか?

「シワというと真皮のコラーゲンが…」というアプローチがまず思い浮かびますが、

それ以外のシワの原因に着目して長い間研究を続け、

シワの効果改善が認められた医薬部外品」として

とても厳しい厚生労働省に認可をもらったのって本当にすごいことだと思います。

 

 

ポーラってデパコスの中でもアカデミックで(良い意味でちょっとお堅い)イメージがあったのですが、

改めてイイな~と思いました(*^-^*)

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/