ビタミンCは皮脂抑制ケアにも使えるの?化粧崩れ対策がしたい!

今回はビタミンC誘導体は皮脂抑制にも働くので化粧崩れ対策ケアにも使えることについて

書いていきます。

ビタミンC(アスコルビン酸)はそのままでは肌に吸収されにくいため

肌に入りやすい形にしたものがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体の美容作用

ビタミンCは万能美容物質

ビタミンCというと美白成分として有名ですが、

  • 皮脂分泌の抑制
  • 抗炎症作用
  • 免疫力向上作用
  • 毛穴を引きしめる作用
  • 色素沈着を防ぐ
  • 抗酸化作用

などなど

さまざまな肌トラブルを予防するのに役立つ強い味方です。

 

ビタミンCは皮脂抑制やセラミド合成促進の働きがある

 

インナードライ肌の原因は角質のバリア機能の低下による、

肌内部の水分の蒸発と

それを抑えるための皮脂の過剰分泌です。

インナードライ肌ケアの図解

皮脂の過剰分泌による毛穴の開きは、

皮脂の量が多いせいで通り道である毛穴が広がってしまったり、

酸化した皮脂によって毛穴周辺がダメージを受ける事によっておこります。

 

ビタミンCには過剰は皮脂腺の開きをおさえ、角質層のバリア機能を高めるための

セラミドやフィラグリンの合成を促進す働きがあります。

 

角層のバリア機能が正常に働くと

肌内部の水分が保たれて、皮脂を過剰に分泌しなくても済むようになります。

 

お肌の水分保持が高くなると毛穴も目立たなくなります。

 

ビタミンCはコラーゲンの元

 

更にビタミンCの重要な働きに、

  • コラーゲンの生成促進する

というのがあります。

 

お肌の老化はコラーゲンの減少が原因です。

コラーゲンが減少することによって、

肌から弾力やハリが失われ、シワができます。

コラーゲンがダメージを受けるとシワになります

ビタミンC誘導体は、年齢とともに失われていく

コラーゲンの生成をサポートします。

 

ビタミンC誘導体は安全性が高い

 

ビタミンCは昔から長く美容成分として研究されているので、

大変安全性が高い信頼のおける物質です。

 

勉強不足だったころは、

「ビタミンCとか昔からあり過ぎて、古臭い気がする」

などと安易に考えていました(^-^;

 

新しい成分=研究年数が少ない=肌トラブルのデータが沢山取れていない

とも言えるので、新しければ良いと単純に考えるべきじゃないんですよね。

 

多少刺激を感じる人もいますが、

ほとんど副作用もないので多くのメーカーによって化粧品に配合されています。

 

まとめ

ビタミンCは美白だけではなく、シワ、皮脂の過剰分泌、ニキビ…などなど、

オールラウンドにパワーを発揮する美容成分で

安全性も高いので、

肌質に合うのなら、積極的にスキンケアに取り入れていくべきなのです。

 

ビタミンC誘導体の表示成分名

化粧品の成分表には「ビタミンC誘導体」という名前では書いていません。

↓ 下記のような名称で載ってます。

リン酸パルミチン酸アスコルビル3Na(APPS、またはアプレシエ)←最も効果が高い

●リン酸アスコルビン酸Na(APS)

●テトラヘキシルデカン酸

●アスコルビル(VCIP)

lamutee-biyoueki-seibun2

化粧品の成分表でビタミンC誘導体を探すときは注意です。

sensei

ちなみにこちらが、上の成分表の化粧品です。

30代がインナードライ肌や大人ニキビケアをするのに人気のコスメです。

実際に使ってみた口コミ記事があるので、

興味がある人は読んでみてください(*^-^*)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/