パウダーファンデーションは日焼け止めの代わりになる!

今回は、日常的な紫外線対策には日焼け止めよりもパウダーファンデーションを使う方が良い

というテーマについて書いていきます。

UV対策といえば日焼け止めですが、

適量を守らないと効き目が期待できない」ということが、意外と知られていません。

日焼け止めは適量ぬらないと効き目がない

日焼け止めの適切な使用量について

簡単に説明します。

 

意外と知らない日焼け止めの常識

 

まず、紫外線には3つの種類があります。

皮膚に悪影響を及ぼすのはそのうち2種類です。

 

紫外線の種類は3つあります

 

  • 紫外線A波真皮にダメージを与えて老化を促進します。
  • 紫外線B波赤くなってヒリヒリする、いわゆる日焼け=サンバーンを起こします。

 

日焼け止めのSPFとは

 

SPFとは

SPFとは紫外線B波を防御する力です。

何もぬらない状態と比べて

日焼け=サンバーンを起こすまでの時間を

何倍に伸ばせるかの数値です。

 

日焼け止めのPAとは

日焼け止めPAとは

PAとは紫外線A波を防御する力です。

+ やや効果がある

++ 効果がある

+++以上 非常に効果がある

ことを表しています。

 

日焼け止めってどのくらいぬればいいの?

 

通常、夏の紫外線を浴びた場合、

サンバーンを起こすまでの時間は20分と言われています。

たとえば、SPF30なら、その30倍、つまり20×30=600分まで

のばせるという意味。

ただしこれは規定の量(皮膚1 cm2あたり2mg)をぬった時の値です。

出典:正しいエイジングケア事典 吉木伸子著 高橋書店

 

1 cm2にごとに2mgの日焼け止めをぬるというのは、

顔全体にぬると500円玉くらいの大きさです。

500円玉サイズはこれくらい

500円玉のサイズは直径26.5mmです。

 

この量をしっかりぬり、

2、3時間でぬり直しをしていたら

肌がベタついたり白浮きしたりと結構大変です…。

 

日焼け止めの問題点

 

このように日焼け止めは適量を守るのはなかなか難しいのです。

 

日焼け止めは薄くぬっても意味がないけれど、

 

厚ぬりをすると毛穴をふさいで肌に負担がかかります。

 

ウォータープルーフの日焼け止めは汗に強いけれど

洗い落すのに強力なクレンジング剤を必要とし、

肌にダメージを与えます。

日焼け止めを毎日ぬっていると肌が痛む

肌のバリア機能が弱い、

敏感肌の人やインナードライ肌は

強いクレンジング剤は避けたいところです。

(バリア機能を担う角層が剥がれ落ちすぎてしまうので)

 

最近は低刺激のものや、

石鹸や洗顔料で落とせる日焼け止めも出ていますが

日焼け止めが毛穴に詰まり、洗い残しになると

皮脂と混ざって固まって酸化したりして

やっぱりお肌に良くありません。

 

そこで日常的な紫外線対策におススメなのが

パウダーファンデーションを使う方法です。

 

パウダーファンデーションが日焼け止め対策に使える理由

 

パウダーファンデーションが日焼け止めに使える理由

パウダーファンデーションは

リキッドやクリームタイプのファンデーションよりも

顔料の密度が高いです。

 

図のように、肌の上で密集したパウダーファンデーションの粒子が

紫外線からお肌を守ってくれます。

 

パウダーファンデーションは水分を含んでいないので、

油分と水分をなじませるための界面活性剤や

防腐剤がほとんど入っていないので、

毎日ぬっても日焼け止めよりは肌にずっと優しいです。

 

ぬり直しも簡単なのも嬉しいです。

 

パウダーファンデーションでUVケアをする方法

それでは、具体的にパウダーファンデーションを使ってUVケアをする方法を

複数の美容本などを元にしてまとめてみました。

ちなみに、化粧下地は使いません。

 

パウダーファンデーションでUVケアをする方法

1.しっかり保湿成分の入った美容液をつける

 

洗顔後に化粧水をつけ、

セラミドなどの保湿成分配合の美容液を

いつもより多めにつけましょう。

日焼け止めとしてパウダーファンデーションを使う方法

化粧下地を使わずにパウダーファンデーションをぬるという方法です。

粉浮きが心配な人は保湿クリームもぬりましょう。

Tゾーンなど、脂浮きしやすい部分はぬらないのがポイントです。

 

2.10分~15分くらい待つ

 

ぬった保湿美容液やクリームなどが

自分の皮脂と自然と混ざり合い馴染むのを待ちます。

スキンケアの後メイクするまで15分くらい待った方が良い

3.ファンデーションをぬる

 

UVカット化粧下地などはつけないで、

直接パウダーファンデーションをぬります。

日焼け止めとしてパウダーファンデーションを使う方法

つけた直後は粉っぽい感じがしても、

1時間くらいで自分の皮脂と混ざり合って

自然に馴染んていくので大丈夫です。

 

頬骨のあたりは日に焼けやすいので

ちょっと厚ぬりかな…というくらいぬってください。

 

4.化粧直しする時はフェイスパウダーを使う

 

化粧崩れを直すときは、

パウダーファンデーションではなく

フェイスパウダーを使いましょう。

日焼け止めのパウダーファンデの直しはフェイスパウダーを使う

 

フェイスパウダーは

おしろい、お粉、ルースパウダー、フィニッシュパウダー

などとも呼ばれています。

 

あとは日傘やアームカバーを使えうこと。

これで、町中をちょっと買い物に歩く程度の

日常の日焼け止め対策は十分なんです。

 

日常の日焼け対策は日焼け止めよりパウダーファンデーションを使う

敏感肌やインナードライ肌で

日焼け止めが苦手な人は試してみてください。

 

まとめ

 

パウダーファンデーションは粉っぽいし

カバー力が心配…と敬遠して

10年近く使っていませんでした。

 

最近、UV対策として便利だし、肌に優しいということで

またパウダーファンデーション派になりました。

最近はお肌に優しくてカバー力も優れたものがありますしね(*^^*)

 

もちろん、レジャーなどで長時間外にいる時は

日焼け止めをぬったほうがいいです。

日焼け止め+パウダーファンデーションの厚ぬりで

強力なUV対策をしましょう。

レジャーの時は日焼け止めとパウダーファンデーションの厚ぬりでUV対策をしましょう

サブコンテンツ

上へ戻る