シミには種類があるので適切なケア方法と化粧品を!

女性の2大肌悩みはシミとシワ。

今回はシミについて書いていきます。

 

20代の頃は全然気にならなかったのに、

30代になって急に目立ちだすのがシミ。

30代からのスキンケア=シミのケアと言っても過言ではないですよね。

シミができるメカニズム

シミについて美容関連本や化粧品のメーカー公式サイトのコラム、

美容専門サイトなどの情報を読み込み、

自分なりにまとめてみました。

 

シミの種類は大きく分けて4つ

 

シミには原因によって大きく4つのタイプにわけられます。

 

  • 老人性色素斑
  • 炎症性色素沈着
  • 雀卵斑(そばかす)
  • 肝斑

 

老人性色素斑

老人性色素斑はシミの中で一番多いです

頬やこめかみに丸くできるのが特徴です。

代表的なシミはこれ。

「日光性黒子」とも呼ばれています。

 

長年にわたって少しずつ浴びた紫外線によって、

メラニン色素が蓄積されたものです。

日焼けをする機会が多い20代くらいの頃よりも30代半ば~40代あたりに

突然たくさんのシミがあふれ出てきます(*_*;

shigaisen-a-b2

シミの原因になるのは紫外線B波(UVB)です。

 

老人性色素斑のチェック

  • ふだんファンデーションをあまりぬらない
  • 20歳をこえてからかなり日焼けをしていた
  • 1㎝前後の丸っこいシミが気になる
  • 指でふれるとかすかに盛り上がったシミがある

 

老人性色素斑のケア方法

 

進行して輪郭がハッキリした濃いシミは化粧品でケアするには限界がありますが、

UVクリームをぬることでシミの予防はできますし、

ごく初期のシミは「美白化粧品」で改善できる場合も。

 

「メラニンブロック」

ビタミンC誘導体…メラニンの合成を防ぐ

ハイドロキノンメラノサイトの中にあるチロシナーゼという物質を抑制する。

このような「美白化粧品」を使ってケアします。

美白化粧品とは「美白に有効な成分」が配合された医薬部外品です。

 

「排泄美白」

ターンオバーが乱れるとメラニンの排泄がうまくいかずに溜まってしまいシミの原因に。

 

ターンオーバーのしくみ

角層がうまくはがれ落ちないとメラニンが溜まってしまいます。

紫外線を繰り返し浴びていると表皮の構造が変化してシミになる。

ピーリングで代謝を良くして、

古い角層と一緒にメラニンを排泄する方法です。

 

肌のバリア機能の弱い人はピーリング剤と相性が合わない場合も。

ふき取り化粧水で週一のケアをするなどの方法もあります。

 

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着とはニキビ跡が残ったものです

ニキビや傷、虫さされなどで炎症ができたあとが

茶色く残ったもの。

つぶしたニキビのあとが頬~あご周辺に残る場合が多いです。

 

あごのニキビをついつい触ってしまう癖は本当に治した方がいい!!

 

炎症性色素沈着のチェック

  • ニキビや虫刺され跡がなかなか消えない
  • に木々ができたので、ノーメイクで過ごしている
  • コットンでふき取るなど、肌をこする習慣がある
  • 肌をこするような強いフェイスマッサージを行っている

炎症性色素沈着のケア方法

 

真皮を傷つけていなければ、

このタイプのシミは時間とともに薄くなっていきます。

ただし、

きれいに消えるまで数年かかるものも。

このタイプのシミも、

美白化粧品とピーリングケアなどで早く消す事が出来る場合もあります。

 

雀卵斑

雀卵斑とはそばかすのことです原因は遺伝的なものです

いわゆるソバカスです。

遺伝的なもので、鼻を中心に小さなシミが散らばっています。

形が三角形や四角(そばがらのカスのような形)をしているのが特徴。

 

雀卵斑のチェック

  • 10代のころにでき始めた
  • 鼻を中心に小さなシミが散らばっている
  • シミの形が丸ではなく三角や四角
  • 肌が色白である

 

雀卵斑のケア方法

 

このタイプのシミは美白化粧品なでどではケアできません。

美容皮膚科などでレーザー治療をしたりします。

 

肝斑

肝斑の原因は女性ホルモンのバランスが崩ることです

女性ホルモンのバランスが崩れるためにできるシミです。

モヤモヤとはっきりしないものが頬骨を中心に左右対称にできるのが特徴。

 

肝斑のチェック

  • 30代後半~50歳近くになって、突然できた
  • 頬骨の高い部分に左右対称にできている
  • 薄い茶色や灰色。夏に若干濃くなる。
  • 妊娠中、ピルを服用中、もしくは更年期
  • ふだんストレスを抱えている
  • 生理前に濃くなることがある

肝斑のケア方法

 

メラニンの生成を抑える作用のある

トラネキサム酸

ビタミンC

などの内服薬が効果的です。

 

かかりつけの内科のお医者さんが出してくれます。

まずは相談してみましょう。

 

美白化粧品やピーリングもある程度なら効きます。

 

シミ対策ケアのまとめ

 

濃くなってしまったシミは美容皮膚科や美容外科でレーザー治療を

行わないと消せませんが、

初期の薄いぼんやりとしたシミなら、美白化粧品でなんとかなる場合があるので、

早め早めにケアをしましょう。

あと、シミができないように日頃からUVケアを頑張りましょう。

 

薄いぼんやりとしたシミには美白化粧品が効果がある場合があります

 

シミの予防と今あるシミのケアが両方できる美白成分であるハイドロキノンについての記事も参考にどうぞ。

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/