背中ニキビの原因と改善ケアについて

今回は、背中ニキビの原因とケア方法やアイテムについて書いていきます。

背中って普段見えないし、

身体が固い人はろくにお手入れとかもしなかったりして

背中は気が付かないうちに凄く荒れてたりしますよね…。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

nikibi-senaka-nikibi-senaka

自分の背中ニキビは、

大きなニキビがぼつってできるタイプなんです(>_<)

だからニキビ跡も大きい…。

 

背中ニキビができる原因は?

 

もともと背中の上の部分は、

実は頭皮や顔に次ぐくらい皮脂量が多い部位。

汗や汚れがたまりやすくいので、

ニキビができやすい部分だったりします。

背中の上部は皮脂量が多い部位

もともと皮脂腺が多いのに加えて、

↓ ↓ ↓ ↓

  • 洗濯洗剤、柔軟剤
  • 日焼け
  • 乾燥による角質硬化(角質肥厚)
  • 脂っぽい食べ物や糖質の取り過ぎ
  • ストレスや睡眠不足
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 便秘

これらが(時には複数)組み合わさって、

背中ニキビができてしまいます。

 

中でも、

特に注意するべき背中ニキビの大きな原因は、

乾燥によって肌の角質層のバリア機能が低下することです。

 

乾燥が原因でニキビが何故できるの?

 

一見、「乾燥」と「ニキビ」は相反するものに思えますが…?

乾燥が原因でニキビができるのを、

わかりやすくまとめたいと思います。

 

1.乾燥が原因で角質層が荒れると、

角質層同士に隙間ができてしまいます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

角質層が乾燥して隙間ができる

隙間ができると、

そこから肌の内部の水分が蒸発してしまいます。

乾燥により角層が荒れると肌の水分が失われる

すると、

更に肌の乾燥が酷い状態になり、

角質層のバリア機能が低下して、

外部からの刺激が肌の内部に入り込むようになります。

角質層のバリア機能が低下すると肌の奥に外部からの刺激が入り込む

あと、

古い角質が剥がれ落ちずに残ってしまい

毛穴を塞いでしまうことで(=角質肥厚)

刺激物質や皮脂が毛穴に溜まって

ニキビが発生します。

 

kansou-nikibi

また、

肌は水分を失うと、

肌を守ろうとするために皮脂を過剰の分泌するので、

(※この状態をインナードライ肌という)

もともとオイリー肌の人だけじゃなくて、

乾燥肌の人でもニキビができてしまいます。

 

更に、

この肌の乾燥状態を放置し続けると、

背中のニキビは悪化してしまい、

色素沈着でニキビ跡が残ってしまったりするのです(>_<)

 

背中ニキビのお手入れ方法

 

乾燥が原因でできる背中ニキビのケア方法は、

しっかりと保湿することです。

 

入浴後に油分の少ないジェルやクリームでしっかり保湿して、

皮脂が過剰に出ないようにするケアが必要です。

 

最近は、背中ニキビケアに特化した化粧品も出ているので、

使ってみるのも良いと思います。

グリチルリチン酸ジカリウムなど有効成分が配合されている、

医薬部外品だとより効果的に背中ニキビケアができます。

背中ニキビと背中ニキビ跡ケア用クリームの効果&口コミ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「背中ニキビケア・ニキビ跡ケアジェルクリーム」実際に使ってみた効果&口コミ記事はこちら。

 

あと、背中ニキビが出来た時にやった方が良い事として、

 

  • 入浴時は、ナイロンタオルではなく木綿やシルク素材のタオルで身体を洗う。
  • 背中を洗う時にゴシゴシこすらない。
  • 吸水性・通気性の良い下着をつける。

 

ちょっとダサいかなー(^-^;って思っても、

ニキビケア中は(まるで中学生みたいな)木綿の下着をつけていたら、

実際背中ニキビの回復早かったです。

 

あと、上の方にも書いてますが、

流行りの良い香りがする柔軟剤を使い過ぎないこととか。

 

背中は思った以上にデリケートな部位なんだなーと実感しました。

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/