目尻のシワ対策にレチノール配合の化粧品を使う

今回は目元のちりめんジワ対策に効果的な成分であるレチノールについて書いていきます。

レチノールはパルミチン酸レチノール、酢酸レチノールなどの表記で

化粧品に配合されているビタミンAの一種です。

 

レチノールは水には溶けにくく、

アルコールや油類に溶ける性質を持っているので、

主にクリームに配合されます。

レチノールは水に溶けにくいので主にクリームに配合されます

目元のちりめんジワ(乾燥小ジワ)ケアのために

アイクリームにもよく配合されています。

レチノールは目元のちりめんジワや小ジワに効果的です

レチノールの美肌作用

 

  • 皮膚や粘膜の正常な代謝を促進する働き
  • 保湿機能を高める
  • 真皮の線維芽細胞に働きかけコラーゲンの合成代謝を促進する

レチノールは真皮の線維芽細胞に働きかけてコラーゲンの生成を促します

レチノールの注意点

 

レチノールは効果が高い反面、刺激を強く感じる人もいます。

使い始めは肌がカサつくこともありますが、

使っているうちに肌が慣れてきて大丈夫になることが多いようです。

 

最初は少量ずつ試して、

徐々に使用量を増やしていくのが良いでしょう。

レチノールは効果が高い反面使い始めは刺激を感じることがあります

※赤く腫れたり、かゆみが出たりした場合は使用をやめ、

速やかに皮膚科に行きましょう。

 

レチノール配合の化粧品はナイトケアに使用しよう

 

レチノールは日光が当たると効果が弱まるので、

レチノール配合の化粧品はナイトケアに使うほうが効果的です。

 

朝のケアに使用したい場合は、

日光から守るために上からファンデーションを重ねましょう。

レチノールは日光に当たると効果が弱まります

目元のちりめんジワは放っておくと本格的な真皮シワになってしまうので、

軽度のうちにしっかりケアしないといけません。

 

20代のうちはあまりアイクリームの必要性を感じていなかったのですが、

tirimenjiwa

30代になって気がつかないうちに目元が衰えてきて、

ちりめんシワも目立つように…。

 

最近いろいろとレチノール入りのアイクリームを試しているのですが、

使い心地がベタベタするものが多くて、

ホコリが目の周りについて困っています(^-^;

 

この間使ってみたレチノール配合の目元ケアの貼るヒアルロンシート(パッチ)が

アイクリームよりも浸透力が良くてかなり良かったので、

興味がある人はこちらのレビュー記事を読んでみてください(^^)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/