角質層の【ラメラ構造の乱れ】がすべての肌トラブルの原因だった!?【水分と油分のミルフィーユ構造】

角質層のラメラ構造の乱れが肌トラブルの原因です

角質層が整えば、お肌はもっと綺麗になる」ことについて詳しく書いていきます。

 

表皮の「角質層(角層)」という言葉は一般にも浸透していて、

美容意識の高い人にはおなじみのものですが、

角質層はわたしたちが思っている以上に

美しいお肌を保つために重要なカギとなっています。

角質層とはそもそも何か?

角質層はお肌の一番外側にある層のことです。

↓ ↓ ↓ ↓

角質層内ラメラ美容法で美肌になろう

皮膚細胞は表皮よりももっと下の

真皮の基底層で生まれて、

上に上にと持ち上がっていきます。

 

表皮細胞が最後にたどり着くのが角質層。

これを「ターンオーバー(新陳代謝)」といいます。

 

 

表皮細胞は角質層よりも下に存在している時は

まだ生きています。

(生きている細胞=細胞の中に“核”があります。)

角質層内ラメラ美容法で美肌になろう

角質層まで上がってきた細胞は死んでいます。

=「角化(かくか)

角質層は最終的には垢となって剥がれ落ちていきます。

 

皮膚の一番外側の細胞が生きていると大変なんですよ!

全身が靴ずれ状態」を想像してみましょう。

恐ろしいですね…(*_*;

 

角質層内ラメラ美容法で美肌になろう

角質層は何のために存在するの?

 

角質層の役割は

  • 紫外線
  • ホコリ
  • 花粉
  • 衝撃

などからお肌を守ることです。

これを「お肌のバリア機能」といいます。

角質層内ラメラ美容法で美肌になろう

 

 

お肌のバリア機能が低下すると、

  • 紫外線
  • ホコリや花粉

などの異物が肌に入り込んで様々な肌トラブルの原因になります。

(それ+免疫系のバリアが弱いアレルギー体質だと更なるダメージが)

 

バリア機能が乱れるとはどのような状態なのか

角質層の構造から詳しくみていきます。

 

角質層はラメラ構造になっている

 

角質層の厚みはわずか0.02㎜。

ラップ1枚と同じくらいの厚さと言われています。

角質層内ラメラ美容法で美肌になろう

ラップに包まれたりんごは1日放置してもみずみずしい状態ですが、

そのまま放置されたものは水分を失い、

どんよりくすんでいるのがわかります。

 

角質層はミルフィーユ構造になっている

 

そんな極薄の角質層をアップにしてみると…こんな感じです。

↓ ↓ ↓ ↓

角質層内ラメラ美容法で美肌になろう

角質層どうしを繋いでいる物質を

角質細胞間脂質(セラミドなど)といいます。

 

角質細胞間脂質の構造

 

角質細胞間脂質さらにもっと拡大してみると、

こんな風になっています。

↓ ↓ ↓ ↓

角質層内ラメラ美容法で美肌になろう

角質間細胞脂質は

水分と油分からなる「リン脂質」が

ミルフィールのように重なり合っています。

(約2000層くらい!)これを「ラメラ構造」といいます。

 

ラメラ構造が正常であれば

(自然なエイジングはあっても)

お肌はいつまでも潤いある美しい状態を

維持することができるのかもしれません。

 

逆に言えば、

ラメラ構造の乱れこそが

様々な肌トラブルの原因なのでは?ということです。

角質層内のラメラを整える事が美容成分を与えるよりもスキンケアに重要

ラメラ構造を整えてお肌を元の美しい状態に!!

 

ラメラ構造の整った自分の本当のお肌を実感してみよう

 

ラメラが整ってうるおいある美しい状態のお肌は

具体的にどんなものなのか?

簡単に実感できる部位があります。

 

ずばり、

二の腕の内側の皮膚です。

ラメラ構造が乱れると肌トラブルの原因に

…えっ!?

…顔の皮膚と全然違くないですか…?

どういうことなの?

 

なぜ顔の皮膚が二の腕の内側よりも汚いのか…。

原因の一つは化粧品に含まれる界面活性剤と言われています。

 

顔の皮膚のラメラ構造が痛む原因は?

 

化粧品に含まれている界面活性剤などの添加物が

お肌のラメラ構造を乱してボコボコ状態にする

原因の一つだと言われています!!

 

界面活性剤とは

水分と油分をなじませるために入れるものなので、

お肌のラメラ構造(水分と油分)にダメージを与えるという説が。

界面活性剤は水と油を混ぜるものなのでラメラ構造に傷がつく

界面活性剤自体がすぐにお肌を痛めるわけではなく、

長い間化粧品を使い続けているうちに

少しずつお肌のラメラ構造が乱れていくのです。

 

なので、

なるべく界面活性剤が配合されていない化粧品でスキンケアすることが、

ラメラ構造を整える第一歩になります。

 

界面活性剤が配合されているかどうか

化粧品の成分表をしっかりと見てみること

それがラメラ美容法の第一歩です(*^-^*)

 

角質層のラメラ構造を整えるおすすめ化粧品

 

リポコラージュラメラエッセンスCを実際に使ってみた効果&口コミです

⇒お肌と同じラメラ構造で作られている美容液を使ってみた効果&口コミ記事です。
洗顔後、化粧水の前にブースターとして使い

ラメラを整えてスキンケアが問題なく効果的に行えるようにサポートしてくれます。

ほうれい線のお手入れにもおすすめです。

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/