化粧崩れが酷いのはインナードライ肌が原因でした。

 化粧崩れが酷いのはインナードライ肌が原因なことについて書いていきます。

テカリで化粧が崩れる原因はインナードライ肌が原因です

20代前半くらいまでは、

花粉症が酷い時に痒いこと以外はお肌の悩みとは無縁でした。

 

それが30代になっていつの頃からか、

Tゾーンを中心に皮脂が過剰に分泌されるようになっていました。

 

油取り紙が無いと生きていけない!っていうくらいテカるんですよ…( ;∀;)

朝、メイクをして出勤して、会社のトイレの鏡に映る顔が、もうテカってるんです…。

 

仕事中に化粧直しをする暇がない時は本当に辛いです…。

化粧崩れはインナードライ肌が原因かもです

お化粧が綺麗な状態なのって、

本当にメイクを済ませた直後くらいしかありません。

仕事で外出する時なんて汗と皮脂で酷いことに…。

 

何でこんなにメイク崩れが酷いんだろうかと、

その原因について本気で向き合ってみることにしました。

 

 大人のオイリー肌は本当にそうなのか?

 

化粧崩れが酷いのは

自分が脂性肌(オイリー肌)だからなんだろうなと

当たり前のように考えていました。

 

なので、

休日とか家ですっぴんで過ごす日は、

蒸しタオルで顔を拭いたり、

時には昼間に洗顔したり皮脂を落とすことに必死になっていました。

 

毛穴の黒ずみケア方法について

最近目立ちだした毛穴の黒ずみとかも、

オイリー肌(混合肌寄り)が原因だと決めつけていたんです。

 

水分油分チェッカーで肌の状態を調べてみたら意外な結果が…

 

201602096

たまたまたアマゾンでみつけた、

2,000円くらいで買えるお手軽な水分油分チェッカーです。

 

さっそく使ってみたところ…。

なんと、驚愕の事実が発覚しました…!

 

実は、お肌の油分は多いけれども水分は極端に少なかったんです!!

水分は十分足りていると疑ったことなかったのに…。

 

インナードライ肌という肌質の疑いが

 

色々調べてみたところ、

水分は少ないのに肌の表面はテカテカで皮脂が過剰分泌されている肌質が

インナードライ肌と呼ばれていることが判明いたしました。

 

もしかしたら自分の肌質はこれなんじゃないか?と…。

 

 

要するに、

肌の水分量が少ないから、これ以上水分が蒸発しないように

がんばって大量の皮脂を分泌している状態の肌のことです。

 

この皮脂が原因で肌がにゅるにゅるテカテカして、

メイクが崩れるわけです。

 

 

肌のバリア機能が生まれつき弱かったことが判明しました。

 

この間、郵送でできる肌遺伝子チェックをやってみたら、

わたしは生まれつき肌のバリア機能が弱かった(敏感肌だった)ことが判明しました。

 

バリア機能が弱いお肌はインナードライ肌になりやすいと言われています。

 

あとシワになりやすい(コラーゲンの分解速度が速い)らしいので絶望しました…(´;ω;`)

敏感肌の人は人よりも肌の老化が早いと言われています。

 


結果が出る前は、30歳前後ってまだまだ若いよね~なんて

完全に油断していました。

単なるオイリー肌と勘違いしていたのも…です。

 

このまま皮脂を取ることばかり続けていたら、

アッという間にお肌が老けてボロボロになってしまうかもしれません…!!

 

インナードライ肌にはインナードライ肌の正しいケア方法があるので、

しっかりケアしていきたいと思います。

最近はインナードライ肌ケア専用の化粧水なんかも出ていて便利です。

↓ ↓ ↓ ↓

インナードライ肌ケア専用の化粧水クレチュールジュレローションを実際に使ってみた効果&口コミ記事です。

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/