インナードライ肌の人は絶対パウダーファンデーションを使うべし!!

インナードライ肌の人はリキッドファンデーションを使うのはやめましょう

インナードライ肌の人はパウダーファンデーションを使った方がよいことについてまとめました。

 

実はわたしは大学生の頃からずっとクリームファンデーション一択でした。

ブランドはその時で気に入ったものでジプシーしてましたけど。

パウダーファンデで小じわが目立つのは下地をちゃんと使っていないから

とにかくパウダーファンデーションは避けてきたんですよ。

だって、小じわが目立つじゃないですか…(-_-;)

目じりやほうれい線に筋がはいっちゃったり…。

 

肌の乾燥や小じわが気になる人は

仕上がりが良くて毛穴や小じわを埋められてツヤツヤに仕上がる

リキッドファンデーションやクリームファンデーションを使いたいですよね。

 

あと、インナードライ肌でメイク崩れしやすいとパウダーファンデって汚く見えるじゃないですか。

 

でも、

これは間違った選択だったのです。

 

クリームやリキッドファンデーションに含まれているもの

 

敏感肌の人は界面活性剤が入っていないパウダーファンデーションを使いましょう

  • 界面活性剤
  • 乳化剤
  • 防腐剤

 

クリームやリキッドタイプのファンデーションには水が含まれているので、

顔料を分散させるための界面活性剤や、

肌なじみをよくさせるための乳化剤が入っています。

保存のための(水を腐らせないための)防腐剤も入っています。

 

敏感肌の人や肌のバリア機能が低下している人には

これらの添加物が肌への刺激となる場合があります。

 

パウダーファンデーションには水が含まれていませんので、

↑上に書いてあるものは入っていません。

肌へのやさしさで選ぶなら、断然パウダーファンデーションがいいんです。

 

パウダーファンデーションはメイク落とししやすい

 

パウダーファンデーションは大半が洗顔料で落とすことができます

クリームやリキッドタイプのファンデーションは、

メイク落としに時間がかかります。

クレンジング剤としも強力なものが必要に。

当然、肌へのダメージも大きくなります。

 

パウダーファンデーションを使用した場合は、

メイク落としにあまり時間もかかりません。

おおまかな部分は洗顔料だけでも落ちるんです。

(もちろんクレンジング剤を使うの推奨ですが)

 

ミネラルファンデーションなどはメイク落としが必要なく

石鹸や洗顔料だけで落とせるのが売り。

 

インナードライ肌対策としては

断然パウダーファンデーションを使う事をお勧めします。

 

パウダーファンデーションは薄くぬるが基本

 

パウダーファンデーションをキレイに付けるコツはできるだけ薄くつけること

パウダーファンデーションが粉っぽいと感じる人の多くは、

厚ぬりしすぎが原因です。

パウダーファンデーションはできるだけ薄くつける方が断然綺麗に仕上がります。

 

あと、

見落としがちですが「ちゃんと化粧下地を使っていない」人いますよね。

化粧下地は肌とファンデーションをくっつける接着剤です。

特にコントロールカラーは上手く使うと毛穴やくすみ・クマなどの粗がキレイにカバーできます。

 

薄づきのファンデだとカバー力が心配…、という人も多いと思いますが

お肌に優しいメイクと正しいスキンケアを行っていれば、

インナードライ肌が改善されていずれお肌の状態は現状よりもよくなっていくはずと信じて!

 

インナードライ肌の人におススメのファンデーション

 

インナードライ肌やそれが原因の大人ニキビ肌の人でも安心して使える、

おススメの薬用パウダーファンデーションです。

↓ ↓ ↓ ↓
インナードライ肌やニキビに悩む人におススメの薬用有効成分配合で肌に優しいパウダーファンデーション

  • 肌荒れ・炎症・ニキビの改善ケアのための薬用有効成分配合
  • 肌に優しいのにカバー力がある
  • メイクしながら肌荒れ改善ケアができる

インナードライ肌がパウダーファンデーション使用で少し改善されたかもです

パウダーファンデーションを使うようになってから以前よりお肌はキレイになったと実感しています。

インナードライ肌に悩む人は試してみてください。

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/