インナードライ肌の人はパウダーファンデーションを使うべし

こんにちは。今回はインナードライ肌の人はパウダーファンデーションを使った方がよい

というテーマについての記事です。

リキッドファンデーション、クリームファンデーション、パウダーファンデーション。

ファンデーションは大きく分けると3つのタイプがあります。
インナードライ肌の人はパウダーファンデーションを使うべき

わたしは22歳~30歳の今現在までクリームファンデーション一択でした。

ブランドはその時で気に入ったものですが。

 

パウダーファンデーションは避けてきたんですよ。

だって、小じわが目立つじゃないですか…(-_-;)

目じりや口周りに筋がはいっちゃったり…。

 

肌の乾燥が気になる人は

仕上がりが良くて毛穴や小じわを埋められる

リキッドファンデーションやクリームファンデーションを使いたいですよね。

 

でも、これは間違った選択だったのです。

 

クリームやリキッドファンデーションに含まれているもの

  • 界面活性剤
  • 乳化剤
  • 防腐剤

 

クリームやリキッドタイプのファンデーションには水が含まれているので、

顔料を分散させるための界面活性剤や、肌なじみをよくさせるための乳化剤が入っています。

保存のための(水を腐らせないための)防腐剤も入っています。

 

敏感肌の人や肌のバリア機能が低下している人には

これらの添加物が肌への刺激となる場合があります。

 

その点パウダーファンデーションには水が含まれていませんので、

↑上に書いてあるものは入っていません。

肌へのやさしさで選ぶなら、断然パウダーファンデーションがいいんです。

 

パウダーファンデーションはメイク落とししやすい

 

OL

クリームやリキッドタイプのファンデーションは、

メイク落としに時間がかかります。

クレンジング剤としも強力なものが必要になります。

 

当然、肌へのダメージも大きくなります。

 

これに対して、パウダーファンデーションを使用した場合は、

メイク落としにあまり時間もかかりません。

 

ミネラルファンデーションなどで、メイク落としが必要なく

石鹸や洗顔料で落とせるのがウリのものもあります。

 

インナードライ肌対策としては

断然パウダーファンデーションを使う事をお勧めします。

 

パウダーファンデーションは薄くぬるが基本

 

パウダーファンデーションが粉っぽいと感じる人の多くは、

厚ぬりしすぎが原因です。

パウダーファンデーションはうっすらぬる方が断然綺麗に仕上がります。

 

それじゃカバー力が心配…、という人も多いと思いますが

お肌に優しいメイクと正しいスキンケアを行っていれば、

いずれお肌の状態は現状よりもよくなっていきます。

 

今現在のお肌のアラを隠すよりも、

アラを無くすための努力をする方が建設的ですね。

少しの間我慢する期間があるんだと割り切りましょう。

470751

 

日焼け止め対策にもパウダーファンデーション

 

更に、日焼け止めとしての働きが優れているのもパウダーファンデーションなんです。

日焼け止め+パウダーファンデーション(この時は厚ぬりで!)が一番効果的なUV対策です。

 

パウダーファンデーションには一種の“紫外線散乱剤”が入っているので、

特にUVカットの表記のないものでも、日焼け止めに力を発揮します。

肌にやさしいうえに、確実にUVカットをしてくれるので一石二鳥ですね。

 

パウダーファンデーションをぬる前に保湿

 

パウダーファンデーションの仕上がりを綺麗にする簡単な方法があります。

 

ファンデーションをぬる前に、

しっかりと保湿ケアをすることです。

 

え?ちゃんと朝顔を洗った後に化粧水とか美容液つけてるよ?

そう思うかもしれませんが、使用料が足りていないか

馴染ませる時間が足りていないかのどちらかです。

 

朝はどうしても時間が無くて、

ちゃちゃっと化粧水をぬって、乳液やクリームはベタつくからぬらない。

時間を置かずにメイクを始める。

 

こんな感じではないでしょうか?

 

メイク前の保湿にかける時間

 

朝こそたっぷりと惜しみなく化粧水をつかい、

美容液や乳液、クリームをしっかりぬって

メイクをする前に10~15分くらい時間を空ける。

 

これが大事です。

 

そんな悠長なことしてられないよ!!

そう思いますよね?当然です

朝の10分はとても貴重。

 

そんな人は化粧品のグレードを上げるのもひとつの手です。

しっかりと保湿成分が入った少しグレードの高い基礎化粧品に変えてみると

浸透力が違ってきます。すぐにお肌に染み込むので、

メイクするまで時そんなに間を空けなくてもよくなります。

 

しっかりと保湿成分の入った基礎化粧品を使うと、

メイクの仕上がりも違ってきますよ。

 

それでもやっぱり朝に時短メイクしたい人は、

コレとか便利です。

↓ ↓ ↓ ↓

オンリーミネラル薬用ホワイトニングファンデーションを実際に使ってみた効果&口コミ

⇒下地(日焼け止め)のいらないSPF50の薬用ミネラルファンデーションを実際に使ってみた効果&口コミ記事です。

 

インナードライ肌の人におススメのファンデーション

 

というわけで、ここ半年くらいはパウダーファンデーションを使っています。

パウダーファンデーションと言っても色々ありますよね。

 

プレストファンデーション

pauder

ルースパウダーファンデーション

ru-su

※白粉、フィニッシュパウダーなど仕上げに使うものとは違います。

 

パウダーファンデーションを作るのに、最低限に必要な成分である

ミネラルだけを配合したミネラルファンデーションというものが

ちょっと前から話題ですよね。

 

 

仕上げに上から乗せるパウダーがいい感じにツヤが出て、

パウダーファンデーションとは思えないキレイな仕上がりでした(*^^*)

 

パウダーファンデーションを使ったのは8年ぶりで、色々進化してるんだなーと思いました。

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/