ハリ感に期待できる成分レチノール入りの化粧品は?

パルミチン酸レチノールについてまとめました。

ここ数年、

小じわに効果が期待できる

たるみに効くかも」と言われて流行っている(?)レチノール。

そんなレチノールにもいくつか種類があります。

パルミチン酸レチノールは肌のハリに期待できる成分です

中でも、レチノールにパルミチン酸を結合させることによって、

肌への浸透力をアップさせたレチノール誘導体を

パルチル酸レチノールといいます。

 

パルミチン酸レチノールの概要

 

レチノールは光や酸素の影響を受けて酸化しやすい物質なので、

そのままの状態で化粧品への配合が難しいとわれていました。

 

パルミチン酸レチノールは、

肌への粘膜に吸収されやすくするために

レチノールを安定化させたものです。

 

更に、

レチノールそのものも

肌への刺激が軽減するようにと改善がされました。

 

最近では酸化を少なくするため、

もっと肌に浸透するために、

ナノ化、低分子化されたカプセル状のものにパルミチン酸レチノールを包む技術も

開発されています。

 

パルミチン酸レチノールはハリ感に期待できる?

 

そもそも「ハリ感」というフレーズは化粧品の宣伝などでよく耳にしますが、

具体的にどういうことのか?

 

「ハリ感」とは「真皮が正常なコラーゲンで満ちて厚みがある状態」のことです。

ハリ感のある肌

コラーゲンとは真皮で網の目状(お互いが橋を架けあっている)の

ネットワークを張りめぐらせて、

皮膚を支える働きをしている物質です。

 

皮膚のターンオーバーが正常だとコラーゲンの生成も正常

 

ターンオーバーが正常だとコラーゲンも正常に生成されます

 

紫外線のダメージを受けて活性酸素が発生したり、

加齢が原因で肌のターンオーバー(新陳代謝)が正常に行われなくなると、

コラーゲンは劣化・変性、減少していきます。

コラーゲンが減少するとたるみやシワになります

↑コラーゲンが劣化・減少して肌に「ハリ感」がなくなった状態です。

 

ハリ感がなくなると、肌のたるみシワの原因に…(*_*;

 

パルミチン酸レチノールは肌のターンオーバーを正常にする

 

パルミチン酸レチノールは、

肌のターンオーバーを正常にする作用があります。

肌のターンオーバーが整うと、

 

  • コラーゲンの生成が促される
  • 肌のキメが整う

ハリとツヤに効果が期待できる感じです(*^-^*)

パルミチン酸レチノールはハリ感アップさせる期待が持てる成分です

パルミチン酸レチノール配合の化粧品といえばコレ。

アスタキサンチンのイメージが強いですが

パルミチン酸レチノールも配合されています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/