ニベア青缶の全成分を調べてみた!石油系成分が入っているって本当なの?

ニベア青缶の成分をマニアックに一つずつ見ていきます。

 

ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタンワックス、 ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、 ジステアリン酸AI、ステアリン酸Мg、硫酸Мg、クエン酸、安息香酸Na、香料

 

一番多いのは意外なことに「水分」なんですね。

 

続いて多いのが「ミネラルオイル

石油を色々な精製過程を経て作ったオイル。

低刺激、安定性が高くクリームや乳液などに広く配合されています。

角層によく馴染んで、水分の蒸発を防いでくれます。

 

…え?石油系のオイル使ってるの?!と思う人がいると思いますが、

石油からできたものが全部、身体に悪いわけではない」と化粧水成分ガイドにも載っています。

次に多いのが「ワセリン

ワセリンも石油から精製された成分です。

肌や唇を保護し、水分の蒸発を防いでくれます。

(リップクリームはワセリンを固めたもの)

 

グリセリン、水添ポリイソプテン…保湿成分

 

シクロメチコン…耐水性の化粧膜を作る

 

マイクロリンスタリンワックス

ワセリンから個体成分を分離したオイル。粘着剤、固形化剤として使われる。

ラノリンアルコール…高級アルコール、化粧膜を肌に密着させる、感触を良くする

※アルコールのアレルギーがある人は注意かも。

(お医者さんに相談しましょう)

 

パラフィン…石油から精製、クリームの硬さや肌への感触を良くする

 

スクワラン、ホホバ油…植物由来のオイル

 

オレイン酸デシル…保湿

 

オクチルドデカノール…保湿、温度が下がっても硬くならない性質、化粧品やメイク製品の色を良くする

 

ジステアリン酸AI、ステアリン酸Mg…素材同士がくっついてダマにならないように滑らかな感触を作る

 

硫酸Mg…エプソムソルト、体を温める温浴効果(入浴剤に入っている)、豆腐の凝固剤にも

 

クエン酸…pHの安定、収れん、肌のキメを整える

 

安息香酸Na…静菌作用

香料

 

以上です。

参考文献:化粧品成分ガイド第6版

 

コチラの記事も一緒にどうぞ。

↓ ↓ ↓ ↓ニベアの青缶で顔パックは大丈夫だけど化粧水や美容液と合わせて正しい使い方をしよう。
LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/