つるつる「むきたまご肌」になるためには角質ケアをしよう!

ツルツルすべすべの「むきたまご肌」を目指すためには正しい「角質ケア」が必要だということについて書いていきます。

むきたまご肌を目指したい人がやるべきケアは

不要な角質を取り除く」ことです。

 

 そもそも角質って何?

角質(角層、角質層とも)とはお肌の一番外側の層のことで、

紫外線などの外部の刺激からお肌を守るために存在しています。

 

古い角質はターンオーバーによって自然と剥がれ落ち、

たえず入れ替わっていきます。

 

古い角質が剥がれないとお肌のトラブルの原因に!

 

ターンオーバーが正常でないと古い角質が剥がれ落ちずに溜まってしまい、

角質肥厚(かくしつひこう)という状態に。

秋の肌トラブル角層肥厚改善ケア方法とは

角質肥厚(角層肥厚)状態になっていると、

お肌にどれだけうるおいや美容成分を与えてもしっかりと浸み込んでいかないんです!

 

角質オフのケアってどうやるの?

 

角質ケアのやり方として、

  • 拭き取り化粧水を使う
  • ピーリング剤を使う
  • ゴマージュを使う

 

などがあります。

 

ピーリングってお肌に良くない!は情報が古い

 

ピーリング=悪!

みたいな認識の人がけっこう多いみたいですが、

それは昔の話。

(ピーリングが日本に来たばかりの頃は日本人の肌に向かない強い酸のものばかりだった)

 

今現在、日本で売られているピーリング剤は「お肌に優しい酸」で作られています。

有名な美容皮膚科の吉木伸子先生も著書でそう仰っていました。

うふ肌薬用ホワイトクリアジェル【お肌に優しいピーリング】は効果あるの?実際に試してみたので口コミ記事です!

 

ふき取り化粧水をこまめに使うという方法も

 

より手軽で、回数の調整もつけやすいふき取り化粧水でのお手入れもオススメです。

 

寒い季節でもしっかり角質オフケアをするべき理由

 

そんな角質オフケアですが、

寒くて乾燥しているときに角質を剥がしたら、お肌がもっと乾燥しそう

と、冬にはあまりやってませんでした。

寒くて乾燥しているときこそ、

古い角質を剥がしてターンオーバー(新陳代謝)を促さないとダメなんです!

 

角質は死んで干からびた細胞のかたまり。

そんな不要なものを肌の表面に張りつけたままでは

そこにいくら潤いや美容成分を与えても蒸発するだけです!!

 

古い角質はきちんとオフしてお肌の中にちゃんと潤いと美容成分が入っていけるようにしましょう。

 

 

角質オフケアした後はたっぷりと潤いと栄養を与えよう

 

角質オフケアした後のお肌はとても吸収が良くなっているので、

たっぷりの水分と上質な栄養、美容成分を与えましょう。

 

導入液(ブースター)を使って化粧水や美容液を入りやすくするのも◎

 

いつものケアにほんの少しの手間を加えて、

ツルツルのむきたまご肌を目指しましょう!

LINEで送る
Pocket

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/