ニキビの原因はアルカリ性に傾いた肌にあった!美肌のために弱酸性に戻せ!!

健康な肌のphは4.5から6.0くらいです

肌は通常、弱酸性を保っています。

紫外線やたばこやストレス、過剰なスキンケアなどのせいで

弱酸性に保つ力が弱まってお肌がアルカリ性に傾きます。

 

肌がアルカリ性に傾くとどうなるの?

 

お肌がアルカリ性に傾くと、

肌のバリア機能が弱まります。

肌がアルカリに傾くと角層のバリア機能が弱くなります

肌の奥(真皮)に紫外線や異物が入り込みやすくなります。

アクネ菌など細菌の繁殖が活発になっていまいニキビができやすい状態に。

アルカリ肌はニキビのほかにも、

  • 乾燥
  • シワ
  • シミ
  • くすみ

などの原因になるんです。

肌がアルカリに傾くと様々な肌トラブルの原因に

洗顔で肌がアルカリに傾くってほんと?

 

そもそも、pHの基準値がよくわからなかったので、

ちょっと調べてみました。

 

まずpH(ペーハー)とは水素イオン濃度指数のことです。

pH7が中性。

それよりも小さい数字が酸性で、

大きい数字がアルカリ性です。

皮膚のpHは皮脂や汗などに影響され一般的に4.5~6.5の弱酸性です。

 

もう一度最初の画像です。

健康な肌のphは4.5から6.0くらいです

脂性肌と乾燥肌でpH値は差がある

 

健康な肌はpH4.5から6.5ですが、

細かくみると

脂性肌の人が4.5寄り

乾性肌の人が6.5寄り

だそうです。

 

思っていたよりもオイリーかドライかで

pHの値に差があるもんなんだなーと。

 

洗顔でアルカリ性に傾くってほんと?

 

一般で市販されている洗顔料や石鹸は

弱アルカリ性です。

※“弱酸性○○”と記載されていてもpH10前後のアルカリ性だそうです。

arukari

そのため、

洗顔後のお肌はpH10の弱アルカリ性へと傾いているのです。

 

アルカリ中和能

 

健康な肌は放っておくと3時間くらいで肌はまた弱酸性に戻ります。

この肌の作用のことを「アルカリ中和能」といいます。

 

pH10の状態から3時間くらいかけて弱酸性に戻る途中に、

pH6~8くらいの値を通ります。

実はこの状態が一番ニキビの原因になる

アクネ菌や黄色ブドウ球菌などが繁殖しやすい状態です。

ph6.0から8.0の値が一番ニキビの原因となる雑菌が繁殖しやすい

敏感肌の人はアルカリ中和能が低下している

 

敏感肌の人はこのアルカリ中和能力が低下していて、

弱酸性の肌に戻るのに2倍も時間を必要とする場合も!

 

美肌のためには肌を弱酸性の状態に戻すことが大事です。

 

洗顔後のお肌はアルカリ性に傾いていて、

そのままにしておくとニキビなどの肌トラブルの原因に。

弱アルカリ性へと傾いたお肌と弱酸性へと戻してあげましょう。

 

化粧水でスキンケアをする事でもそれなりに効果がありますが、

最近は特化したアイテムがあります。

↓ ↓ ↓ ↓

お肌を弱酸性に保つ【高濃度水素イオン水ジェル】実際に使ってみた効果&口コミ記事です。

 

お肌の酸性、アルカリ性なんて普段はあまり意識していませんが、

実はとても重要なんだなと改めて思いました!

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/