メイクで隠れない目の下のクマ対策アイテムとは?

今回は目の下のクマのタイプ別ケア方法について書いていきます。

「クマは寝不足が原因」

というのが一般的なイメージだと思いますが…。

 

実は、

クマには種類があって適切なケア方法も違います。

それぞれ詳しくまとめいきたいと思います。

クマには3種類の原因があります

5秒でわかるクマの種類別対策方法

 

クマは

「青グマ」と

「黒グマ」と

「茶グマ」

この3つのタイプに分けられます。

目の下のクマ対策に便利なアイテム

青グマ

 

5秒でできる青ぐまかどうかの見分け方は、

指で皮膚を引っ張ってみることです。

クマが薄くなったら青ぐまです。

 

寝不足や冷えなどで血流が滞り、

下まぶたの静脈が透けて見えることが原因でできるくまです。

一般的にくまのイメージはこれかと。

 

青ぐまのケア方法は?

 

  • 運動をして血行を良くする
  • ツボを押したりマッサージする
  • ホットタオル(おしぼり)で温める

などなど。

青ぐまは運動などで血行を良くすると改善されます

 

茶グマ

 

5秒でできる茶グマの見分け方は、

指で皮膚を引っ張ってみても薄くならない、です。

茶グマという言葉はあまり聞きなれない印象ですが、

いわゆる「色素沈着」のことです。

茶ぐまとは目をこすったりして刺激を与えて色素沈着状態になったことを言います

茶ぐまは色素沈着だけでなく角層肥厚を起こしている場合も。

角層肥厚についてはこちらの記事でくわしく書きました。

 

茶ぐまのケア方法は?

  • 洗顔やクレンジング、マッサージの時に目の周りをこすり過ぎない
  • 美白ケアでメラニンの生成を抑える
  • 肌の代謝をアップさせる

 

茶ぐま対策ケアに有効な成分は?

 

茶ぐまに有効な成分は美白成分です。

 

ビタミンC誘導体

リン酸型ビタミンCなど、

ビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えたもの。

美白以外にも様々な美肌効果があります。

ビタミンC誘導体には美白以外にもいろいろと美肌作用があります

 

黒グマ

 

5秒でできる黒ぐまの見分け方は、

上を向くと薄くなること(影なので)皮膚をひっぱると薄くなることです。

黒クマ=目の下の皮膚の脂肪がたるむことが原因です

黒ぐまは加齢が原因で目の下の皮膚が薄くなることが原因です

 

加齢が原因の一番やっかいなくまです(*_*;

下まぶたの皮膚が老化によってたるみ、

影をつくることで黒っぽく見えるくまです。

黒ぐまの原因は老化です

 

黒ぐまと青ぐまの区別の仕方

 

どちらも指でくまを引っ張ると薄くなりますが、

一番の違いはメイクで隠れるかどうか。

お化粧で隠せないくまは老化が原因の黒ぐまです

黒ぐまのケア方法は?

  • 肌のコラーゲンを増やす
  • 肌のたるみを防ぐケアをする

 

黒ぐま対策ケアに有効な成分は?

 

黒熊の原因は下まぶたの皮膚が痩せる=コラーゲンが減って薄くなり、

皮膚がたるんで影ができている状態なので、

コラーゲンを増やすケアが必要です。

目の周りのコラーゲンを増やすのに有効なのも

ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体には美白以外にもいろいろと美肌作用があります

ビタミンC誘導体はコラーゲンや繊維芽細胞に働きかけ、

コラーゲンの生成を促す働きがあります。

レチノールは真皮の繊維芽細胞を活性化してコラーゲンを増やす作用があります

 

 

30代の消えないクマは老化という事実…

 

ファンデーションで隠そうとしてもどうにも消えないくまは、

黒ぐま=老化によるたるみだったとは正直ショックですが、

そろそろ目の周りのスペシャルケアが必要なお年頃なんだなと

早めに気がついて良かったと思いました。

 

目尻のシワのケアアイテムは沢山出ていますが、

「目の下のクマ対策に特化したアイテム」ってなかなか無いなあ…と

探してみたら有りました(*^-^*)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アイキララの効果&口コミ

 

寝不足でも無いのにクマが消えないなあ…と悩んでいる貴女。

それは「老化」であることから目を背けずに早めにケアしましょう!

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/