光老化は秋に最も肌に現れやすい!効果のある成分は?

今回は、光老化について書いていきます。

女性が最も更けるのは、夏!と言われています。

それは紫外線の影響「光老化」が原因です。

光老化

実は女性の見た目の老化は、

加齢によるものよりも

紫外線を浴びたことによるものの割合の方が大きいです。

 

紫外線で肌が老化することを「光老化」と言います。

 

光老化のメカニズム

 

老化の原因の割合は

加齢:光老化=2:8

と言われています。

 

いかに紫外線が肌に悪いのかがよーくわかりますね。

まさに、

紫外線=肌老化の最大の敵。

 

紫外線の種類

 

UVとは「ULTAVIOLET」の略で、日本語に訳すると紫外線の意味。

紫外線にはA波(UV-A)B波(UV-B)があります。

紫外線が老化をもたらすしくみ

A波(UV-A)

 

紫外線としてのエネルギーは強くはありませんが、

じりじりと肌の真皮にまで到達します。

A波は雲を通り抜けるので、

曇りの日でも照射量はあまり減りません。

紫外線A派は真皮に到達してシワの原因になります

紫外線A波は真皮にまで到達して、

コラーゲンを変性劣化させ、

シワの原因になります。

 

B波(UV-B)

 

紫外線としてのエネルギーが強く、

表皮にサンバーン(肌を赤くヒリヒリさせる状態)を起こします。

雲やガラスなどである程度は遮る事ができます。

紫外線B波はシミの原因になる

紫外線B波を浴びると、

肌を守ろうとメラニン色素が作られます。

(メラノサイトという部分がメラニン色素を作り出します。)

 

通常の場合は肌のターンオーバー(新陳代謝)で

メラニン色素は排泄されますが、

くりかえし紫外線を浴びてしまうと、

メラノサイトの数が増えてしまい、

また、表皮も厚くなるなどの角質肥厚の原因にもなります。

 

光老化が現れやすい時期

 

そして光老化がお肌に最も表れるのは、

紫外線の多い夏の真っ最中ではなく、

実は秋(…9~10月頃)。

 

夏は湿度も高く汗もかくので

お肌が潤っている!と勘違いして

さっぱりタイプの化粧品を使用したり

スキンケアを化粧水だけでパパッと簡単に済ませたりしがちです。

 

本当は紫外線をたくさん浴びたせいで

 

知らないうちに肌の水分が蒸発していることが多いです。

 

また、紫外線を大量に浴びる時期に生まれた肌の細胞は

もともと弱かったりもします。

 

肌のターンオーバーは1ヶ月くらいなので、

(※20歳は28日くらい、30歳で35日くらい、40歳で40日くらい)

夏の真っ盛りに生まれた表皮細胞が、

肌の一番外側の角層に現れてくる9月~10月のお肌は、

かなり痛んでいるわけです。

詳しくはこちらの記事も参考にどうぞ:夏の紫外線ダメージが時間差で表面化する理由

 

9~10月になって、急に

メイクのりが悪い・・・

なんだかお肌がごわついてきた・・・

ニキビができてしまった…!

ってこと多いですよね?

なので、

9月~10月にはしっかりとした

光老化対策をしていかないといけません。

 

光老化対策にピッタリの成分は?

 

日常的な日焼け対策として

日焼け止めクリームをぬることは大前提。

 

肌が弱くて日焼け止めクリームが苦手な人は

パウダーファンデーションを使って日焼け止め対策をする方法があります。

 

光老化が原因のシミとシワの改善するのに良いのは

ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体の美肌作用

ビタミンC誘導体とは

ビタミンCを肌に浸透しやすい形に変えたものです。
ビタミンCといえば“美白”のイメージが強いと思いますが、
ほかにも色々な美容作用があります。

・皮脂抑制作用

・コラーゲンの生成を促す作用

・抗酸化作用

 

などなど。

夏の肌の疲れや

光老化によるシミとシワをケアするのにピッタリな成分なのです。

ビタミンC誘導体について、より詳しいことはこちらの記事で詳しく書いたので参考にしてみてください。

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/