界面活性剤がお肌に悪い本当の理由とは?本当に正しいスキンケアについて

化粧品に含まれる界面活性剤がお肌に悪い理由をわかりやすくまとめてみました。

化粧品や石鹸などの成分で

界面活性剤」という単語を目にします。

 

美容意識の高い人いとっては

「界面活性剤」などが無添加の化粧品や

オーガニックの石鹸などを使うということが、

もはや当たり前になってきています。

それでも、

界面活性剤がなぜお肌に悪いのか?

上手く説明できないのではないでしょうか。

 

わたしも先日、

とある美容セミナーに参加して

界面活性剤がお肌にどのような影響を及ぼすのか?

やっとかみ砕いて理解することができたので

情報をシェアしたいと思います(*^-^*)

 

そもそも界面活性剤の役割って何?

 

化粧品に配合されている界面活性剤の役割は、

大きく分けて2つあります。

  • 水分と油分をなじませる
  • 肌ざわりを良くする

もう少しわかりやすく説明します。

化粧品の成分を物凄くおおざっぱに説明すると、

  • …化粧水の主成分は水
  • …水分の蒸発を防ぐために入っている
  • 界面活性剤水と油を混ぜるために配合されている

…結構ショッキングですよね(^-^;

 

もちろん、

その他に保湿成分美容成分が加えられているので

安心してください(笑)

 

界面活性剤⇒台所洗剤をイメージしましょう

 

美容セミナーで講師の方が

水と油と台所洗剤を使って実験をしてくれました。

水と油をに台所洗剤を加えて

よーく振ると、

“乳液”のようなものが出来上がるんです!!

(※もちろん本物の乳液ではありません)

 

そして、

界面活性剤が毒でお肌を強烈に痛めるのではなくて

ジワジワと日々のスキンケアで蓄積されて大変なことになるんです。

 

それは

お肌のバリア機能を担っている

角質層の構造に理由がありました。

 

界面活性剤が角質層のラメラ構造を破壊する?

 

お肌の断面図です。

↓ ↓ ↓ ↓

角質層はお肌の一番外側の部分です。

さらに拡大してみると。

↓ ↓ ↓ ↓

角質層は水分と油分がミルフィーユのように重なり合ってできています。

 

界面活性剤は水と油を混ぜるものである

肌の角質層は水と油の層でできている

界面活性剤で角質層の水と油の層が破壊される!?

理解できたでしょうか?

角質層のラメラ構造を乱さないために

界面活性剤が無添加の化粧品を使う必要があるということです。

 

⇒角質層のラメラ構造が乱れについて詳しくまとめた記事がこちらです。

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/