冬に美白化粧品でケアをするべき3つの理由

今回は、冬に美白化粧品ケアをするべき理由について書いていきます。

シミが目立ってから慌てて美白ケアを始めて、

冬になると「日照時間が少ないから美白化粧品を使わなくても大丈夫」だと

思って使用をやめてしまう人多いですよね。

あと、

美白化粧品は保湿力が足りないから冬は使いたくない」という人。

冬に美白ケアをおススメする3つの理由

 

冬に美白ケアをするべき3つの理由について

 

  • 冬は紫外線が少ないのでメラニンケアに最適な時期である
  • 夏に浴びた紫外線がシミとなって現れるのが冬だから
  • 乾燥で肌がくすむから

 

1.冬は紫外線が少ないのでメラニンケアに最適な時期である

 

11月から2月までに間は、

紫外線の量は夏の間の半分以下になります。

 

なので、

新しい紫外線のダメージが少ない冬の間に

冬は今まで蓄積された紫外線のダメージをリセットするケア

もってこいの時期なのです。

 

美白ケアの効果がでやすく手ごたえがしっかり感じられるので

続けやすいのも◎。

 

2.夏の紫外線ダメージがシミとなって現れるのが冬だから

 

ターンオーバーのしくみ

肌のターンオーバー(新陳代謝)のサイクルの関係で、

夏に浴びた紫外線が肌の不調になって現れてくるのは秋ごろです。

更に、

シミとなって肌の表面に現れてくるのが秋から冬ごろなのです。

夏に浴びた紫外線に刺激されたメラニンが秋から冬にかけてシミになる

にシミって日照時間が減って油断している時に

突然目立ちだすのなと感じていたのは

気のせいじゃなかったわけですね…(*_*;

 

乾燥で肌がくすみがちだから

 

冬の湿度は夏の半分以下です。

当然肌の水分も奪われてしまい、

乾いた肌は角層が乱れ光がうまく反射できなくて

くすんで見えます。

 

うるおいたっぷりの角層

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

くすみのない綺麗な肌は角層が光を反射する

乾いた角層

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

乾燥で水分が抜けた角層は光を綺麗に反射できなくて肌がくすんでみえます

 

冬の美白は保湿もしっかりと

 

美白化粧品はどうも保湿力が頼りなくて…と

感じることも多いので、

乾燥肌の人やインナードライ肌の人は

美容液だけ美白化粧品を使ったり、

乳液派の人でもこってり系のクリームを使ってみたりした方が。

 

同じ化粧品ブランドで美白のラインと保湿のラインがある場合は、

クリームは保湿用のを使う、

美容液は美白のを使う、

こういった組み換えがやりやすいし

「化粧品はライン使いしたい派」の人も安心できますよね。

 

同じブランドの保湿ラインと美白ラインを組み合わせて使うと良い

化粧品はライン使いをするべきか?

 

美容本を色々読んでいると、

皮膚科の先生や美容研究家の人でも

「ライン使いしないても大丈夫」と言っている人も多いですが、

ライン使いした方が浸透というか肌馴染みが良くないですか?

 

このあたり、

同じブランドに保湿のラインと美白のラインが両方あるので、

組み合わせが作りやすくて良いと思いました(*^-^*)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アヤナスの効果&口コミ

「アヤナス」保湿ラインのトライアルセットの効果&口コミ記事

サエルの効果&口コミ

「サエル」美白ラインのトライアルセットの効果&口コミ記事

乾燥の酷い冬は、

アヤナス化粧水→サエル美容液→アヤナス保湿クリーム

という使い方が個人的におススメです。

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/