30代は導入液(ブースター)を使った方がいいと最近気がついた件

今回は導入液(ブースター)について書いていきます。

数年前から化粧水の前に導入液(ブースター)を使うというケアが定着してきています。

 

でも正直、導入液(ブースター)という言葉が出始めたころには

あんまり必要性を感じなかったんですよね。

なぜなら、20代だったので(若かったので)

化粧水の入りが悪い」という症状に実感がなかったから。

 

それから数年後…。

ええ、痛いほど実感していますよ( ;∀;)

導入液(ブースター)の重要性について

お肌の調子が良い時は感じないんですが、

寝不足だったり

生理前だったり

花粉症の時期だったり

肌が荒れている時に、

…化粧水の浸み込みが悪い…!!

 

やっぱり20代と30代の肌は決定的に色々違ってきているって

ヒシヒシと感じる…(*_*;

 

そんなわけで、

導入液(ブースター)について、

美容関連書籍や化粧品公式サイト、美容関連のキュレーションサイトなどで

じっくり勉強して、

自分なりにまとめてみたいと思いました。

 

導入液(ブースター)とは

 

ブースター(booster)を直訳すると、

「後押しする」という意味です。

後につける化粧品の効果を後押しする…

→美容成分が浸透しやすいように補助してくれる美容液のこと。

 

通常のスキンケア+αのアイテムとして使うものです。

※導入液(ブースター)だけぬっても効果は半減です。

 

導入液(ブースター)は具体的に肌に何をしてくれるの?

 

そもそも、

どうして肌に化粧水が入っていかないのか?

化粧水の浸透が悪くなる原因は肌が固くなったせい

それは、

ズバリ肌の表面がゴワゴワと固くなったからです。

この状態を角層肥厚(かくそうひこう)と言います。

角層肥厚(かくそうひこう)が起こる原因についてはこちらの記事で詳しくまとめました。

 

紫外線のダメージや加齢などにより肌の表面が固くなると、

角質層の奥までちゃんと化粧水の水分や美容液の美容成分が

届かなくなったりします。

 

肌の角質層の隅々までうるおいが届かないと、

肌の新陳代謝(ターンオーバー)に悪影響が出ます。

肌のバリア機能も低下します。

肌が固くなるとうるおいが角層奥に届かなくなりバリア機能が低下します

 

導入液(ブースター)は固くなった肌の表面をを柔らかくしてくれて、

角質層の隅々までうるおいや美容成分が届くようにしてくれるわけです。

導入液(ブースター)は肌の表面を柔らかくして化粧水や美容液の浸透を良くします

肌に美容成分の通り道を作ってくれるのが導入液(ブースター)。

 

導入液(ブースター)はいつ使うの?

 

  • 洗顔する…できれば入浴する
  • 導入液(ブースター)を使う
  • 化粧水を使う
  • 美容液を使う
  • 乳液orクリームで美容成分を閉じ込める

これが正しいスキンケアの順番です。

導入液(ブースター)はいつ使うのか

導入液(ブースター)を効果的に使うためのポイント

 

  • お風呂上りの血行が良い状態で使うと、より効果的に。
  • 導入液(ブースター)は二度付けする(たっぷり重ね付けする)

この2点です。

 

導入液(ブースター)は色々なメーカーから出ていて、

お値段もリーズナブルなもの高級なものも沢山あります。

 

有名なのは「アスタリフトのジェリーアクアリスタ」とか。

「肌が食べるゼリー」で有名なあのアイテムは導入液(ブースター)です。

「アスタリフトジェリーアクアリスタ」導入液(ブースター)の効果&口コミ記事

実際に試してみたレビュー記事があるので、

興味がある人はどうぞ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

導入液(ブースター)は普段愛用の化粧品のラインを崩さないで、

プラスアルファ加えることができるのが嬉しいです。

 

そしてこの間、

馬油が導入液(ブースター)として優れている」ことを知って

試してみたら思った以上に良かったです。

 

興味のある人はこちらの記事も読んでみてください(^^)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/