DHCの美肌対策キットで敏感肌かどうかを調べてみたのでレビューします

今回は、DHCの遺伝子検査美肌対策キットで敏感肌かどうかを調べてみたのでレポートしたいと思います。

家にいながら簡単な検査で自分の生まれ持ったお肌の性質がわかるらしいです。

「あなたは生まれつき〇〇ですよ」って科学的に判断されてしまうのは、

怖くないと言えば嘘になりますが…(^-^;

 

自分は本当に敏感肌なのか思い込みなのかハッキリさせたいと思ったので、

検査してみることにしました。

DHCの遺伝子検査美肌対策キット

そんなわけで、DHCの美肌関連遺伝子検査を早速やってみることにしました。

 

検査料金は、5,400円(税込み)。

 

安くはないお値段なので何日か悩みましたが、

スキンケアのためになるし、

自分の遺伝的な肌質を知りたいという好奇心が勝ちました。

 

自分の肌の弱点がわかれば、相性の良い化粧品も選びやすいだろうし

きっと美肌を手に入れる近道になるはず!

科学の力を味方につけて、美肌の未来を手に入れようと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

DHCの肌質関連遺伝子検査でわかる事

 

idensi-4

シミ

シワ

敏感肌

に関する4つの遺伝子を検査し、肌質を8種類に分類します。

 

どういうお手入れが自分に必要なのか、

食生活で気をつける点は何かなど、

アドバイスがもらえます。

 

あと、おススメのDHCのサプリを教えてくれるそうです。

 

さっそくDHCの肌質関連検査キットを取り寄せてみた。

DHC肌質遺伝子検査キットが届きました。

 

2~3週間くらいで結果がわかるそうです。忘れたころに届きそうですね。(笑)

ネットで注文して2日後には届きました。速い!

青いストライプがオシャレ可愛いですね。

 

DHC遺伝子対策キットの箱を開けてみた

ずいぶん重たいけど何だろう?と思ったら、

読み応えあるカタログ冊子が2冊も入ってました。

 

DHC肌質関連遺伝子検査キットの中身

検査キットと取扱説明書、検査同意書、DHCの会報、

化粧品のサンプル(嬉しいv)などが入っていました。

 

DHCの肌質関連遺伝子検査キットの使い方

DHC肌質関連遺伝子検査キットの使い方

検査方法はとっても簡単でした。

検査キットを口に入れて頬をこするだけ。左右両方こすったらお終いです。

全然痛いこともないし、面倒なこともありません。

 

DHC肌質関連遺伝子対策キット使ってみた

あっけないくらい簡単な作業でした(^^)

あとは約15分くらいそっと乾かすだけです。

 

検査したらその日のうちに宅急便(※着払い伝票が同封されています)で送り返しましょう。

※その日のうちに送れない場合は冷蔵庫で保管。

菌の繁殖とかの予防でしょうかね。

 

美肌対策キットを発送しました。

DHC肌質関連遺伝子検査キットを発送しました。

自分の住所氏名を記入するだけ。

今からヤマト運輸を取り扱っているコンビニに持ち込んできます。

 

matu後は結果を待つだけです。

電話で集荷に来てもらうこともできるので、

家から一歩も出ないで遺伝子検査ができてしまうという。

…改めて、世の中どうなってるの?進みすぎじゃないですか?(笑)

 

結果が届いたら、赤裸々にレビューしたいと思います!

 

↓ 2週間後

検査結果が届きました

idensikensa-kekka-futo

結果報告書が届きました。ドキドキします(笑)

 

idensikensa-kekka-open

ゴールデンウィークを挟みましたが、

検査キットを送ってから2週間くらいで結果報告が届きました。

idensikensa-kekka-nakami

結果報告書と体質にあった食物やサプリを提案してくれる冊子が同封されていました。

 

肌質関連遺伝子検査で結果として何がわかったの?

 

一言で表わすと、

わたしの遺伝的な肌質は『シワ』『敏感肌』のリスクが高いタイプです、

ということがわかりました。

 

具体的な説明をざっくり挙げてみると、

 

  • 真皮のコラーゲンが分解されやすく、角層のバリア機能が低下しやすい
  • 真皮のコラーゲンの量が減少しやすいことから、シワやたるみが起こりやすい
  • 花粉やほこりなど外部からの刺激に弱く、乾燥や肌荒れが起こりやすい

 

※この検査結果は「今現在」の肌質ではなく、

生まれ持った遺伝的な肌質の状態を調べます。

何歳の時に検査しても同じだそうです。

生まれつきの肌質遺伝子は一生変わらない

 

 

肌のコンディションは紫外線や食生活などの環境的要因のほか、

持つて生まれた肌質という遺伝的要因とで決まります。

 

美肌対策キットでは、遺伝的な肌質をお調べします。

 

今の肌状態をチェックするものではないため、

検査結果と現在の肌状態は一致するとは限りません。

 

たとえば遺伝的にシミのリスクが低くても、

紫外線をたくさん浴びるようなライフスタイルを送つていれば、

シミはできやすくなるといえます。

 

出典:DHC肌質関連遺伝子検査結果冊子より

 

 

あくまで遺伝的にリスクが高いから気をつけましょう、

将来の肌のために今から予防しましょうね、というアプローチです。

 

肌質関連遺伝子検査で具体的に何を調べたの?

 

「美肌対策キット」では、「シワ」「シミ」「敏感肌」に関連する

4つの肌質関連遺伝子(※)に「変異」があるかどうかを調べます。

 

「変異」とは遺伝子を構成する物質の並び方の違いのことです。

日本人のほとんどが、4つの遺伝子のいずれかに変異があるといわれています。

 

4つの肌質関連遺伝子

 

  • MMPl遺伝子…コラーゲンの分解に関わるシワ関連遺伝子
  • ASIP遺伝子…メラニン色素の合成に関わるシミ関連遺伝子
  • Filaggrin遺伝子…角層の形成に関わる敏感肌関連遺伝子
  • SPINK5遺伝子…角層の形成に関わる敏感肌関連遺伝子

 

4つの肌質関連遺伝子の検査結果の組み合わせパターンは

81パターンあり、8種類の肌質にグループわけされていました。

 

わたしと同じような肌質の人は25%で、一番割合が多かったです。

何だ自分はありきたりな肌質なのか…ちょっと残念…

などという中二病的思考があったことは否定できませんが

 

よくあるタイプの肌質なら使えるコスメも幅広いはずです。

これ試してみたい!と思った化粧品はどんどん使ってみようと思います(^^)

 

本当に敏感肌だったことが判明しました

 

思い込みでなく、本当に敏感肌だったんだな、とわかったのは収穫でした。

ちょっとピリピリするかも?って気にし過ぎだと思ってたんですが、

自分の感覚は間違っていなかったんですね!

 

今まで幸いなことに、化粧品で酷いトラブルに遭ったことはなかったんですよね。

ちょっとかゆいかな、ピリピリするかな、程度でした。

 

以前、とある美容研究家の人がこう言ってたの。

 

敏感肌って繊細なイメージがあるのか、

自称したがる人が多いんですよね。

本当はトラブルが多くて痛みやすい肌なのでよくないんですよ。

自分が敏感肌だと気にし過ぎて、せっかく効果のある化粧品があるのに

食わず嫌いで使わないのはもったいない!

 

この言葉がとても耳が痛くて(^-^;

 

自分も気にし過ぎなのかもしれないと思ってたんですよ。

このたび、科学的に敏感肌のリスクがあることが判明しましたので、

これからピリピリしたりかゆかったり、無視しないように気を付けます。

 

パーソナルカルテに書いてあったアドバイス

 

シワ、敏感肌のリスクが高いタイプの人へのアドバイスは、

毎日のスキンケアで、ハリと弾力を保つとともに、

肌のバリア機能を高めましよう、とのことでした。

 

具体的な3つのポイントが書かれていました。

UVケアを徹底すること。

紫外線を浴びると肌のバリア機能が低下し、

またコラーゲンなどを破壊し、
肌のハリや弾力を失わせ、

シワの原因になります。
外出時には日傘や帽子、

サングラスを着用すること。
日焼け止めは紫外線吸収材を控えたタイプが良いとのこと。

 

肌のバリア機能を高めること。

肌のバリア機能を高めるためには、

保湿ケアをするべし。

うるおい不足はハリや弾力の低下にもつながります。

 

化粧水の後は保湿効果の高い乳液やクリームを使用すること。

肌のターンオーバーのサイクルを保つためにも保湿は大事。

 

スキンケアはこすらずにやさすくすること。

刺激の強いクレンジング剤をさけること。
洗顔料をしっかり泡立てて包み込むように洗い、
すすぎを丁寧にすること。

コットンではなく、手のひらで化粧水をつけること 。

敏感肌の人はコットンを使わずに素手で化粧水をつけましょう

 

美容本や雑誌などに毎回のように書かれている内容ですが、

改めてこの3つのポイントが大事だということが

自分の持っている肌質遺伝子から理解できました。

 

今回、幸いなことに「シミにはなりにくい」ことが判明したのですが、

 

検査結果と現在の肌状態は一致するとは限りません。たとえ ば遺伝的にシミのリスクが低くても、紫外線をたくさん浴びるようなライフスタイルを送つていれば、シミはできやすくなるといえます。

DHC肌質関連遺伝子検査結果冊子より

 

美白対策をしなくても良いというわけではないのです。

 

特に今、仕事で日盛りに車乗ってますから!!

紫外線ほんとうに怖いですね(*_*)

 

やっぱり保湿が大事なんだということがわかりました

 

遺伝的に敏感肌であり、

インナードライ肌でもあります。(敏感肌が原因なのかな?)

とにかく肌のバリア機能が弱い、

ということです。

 

インナードライ肌についてはこちらの記事に詳しく書きました。

 

肌のバリア機能を補うためには、

保湿成分ををしっかりあたえるケアをしなければなりません。

 

敏感肌にはしっかり保湿成分を与える

ドラッグストアでリーズナブルに売っている化粧品じゃなくて、

ちょっと高くても低刺激でしっかり保湿できるものが必要なんだということがわかりました。

 

敏感肌専門ブランドなんてのもあるので、そういうのを使ってみるのも良いと思います。

⇒敏感肌専門ブランドから出てる化粧品を使ってみた口コミ記事です。

 

服、靴、美容院、化粧品にかけるお金の比重を考え直さないといけないな~と思いました。

 

また、今現在の肌質を詳しくしるには、

エステや美容皮膚科などで調べる必要があります。

近いうちに調べに行きたいなと思います。

 

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/