コットンパックは肌を痛める?敏感肌のための正しいやり方

今回は、コットンパックの正しいやり方について書いていきます。

お手軽にできるスペシャルスキンケアとして人気のコットンパックですが、

きちんとしたやり方を知らない人も多いです。

 

間違ったやり方をしていると、せっかく手間をかけたのに

お肌が痛んでしまい、逆効果…。

 

今回、美容本などを参考に改めて正しい方法を学んだので書いていきたいと思います。

コットンパックの正しいやり方

コットンパックの基本的なやり方

用意するもの

1.コットン

コットンパックには裂けるタイプのコットンを使う

これがないと始まりません。

複数枚にさいて使えるものが向いています。

 

2.愛用の化粧水

コットンパックには使い慣れた化粧水を使う

なるべく使い慣れたものがいいです。

新しく使う化粧品は事前にパッチテストを行ってください。

 

3.精製水とそれを入れるコップ

敏感肌の人はコットンパックに精製水を使う

精製水とは水をろ過・殺菌して精製された不純物を含まない水のことを言います。

Amazonとかで200円ちょっとで売ってます。

わたしは敏感肌なので使っています。

無ければミネラルウォーターや水道水でもかまいません。

 

コットンパックの5つのステップ

 

1.まず、コットンを水で湿らせます。

 

hitasu

ヒタヒタになるまでしっかりとやってください。
このようにコップを使ってくぐらせるやり方が楽です。

 

2.手のひらで押さえるようにして、軽く水分を落とします。

 

shiboru

そんなに強く絞らなくて大丈夫です。

shibotta

 

3.普段使っている化粧水をコットンに染み込ませます。



lotion

コットンがヒタヒタになるまで湿らせます。

hitahita

 

4.化粧水を染み込ませたコットンを裂いて、

おでこ・両ほほ・鼻・あごなどに貼っていきます。

 

hagu

だいたい5枚くらいになるのが理想です。

1枚のコットンで足りなければ2枚使ってください。

kowake

hana-ago

あごや鼻や唇の上用のものは縦に裂いて用意します。

コットンパックを貼るときは両手で引き伸ばしながら

この時、両手を使ってコットンを引っ張りながら、顔に貼り付ける

コットンがたるまずに密着しやすいです。
大き目のコットンなら1枚で顔全体パックできる

大きめのコットン使用したので1枚で顔全体使えました(^^)

 

5.時間が経ったらはがします

 

コットンパックの目安時間

パックの目安時間は

サラサラタイプの化粧水…2分くらい

しっとりタイプの化粧水…5分くらい

ジェルタイプの化粧水…10分くらい

だいたいこのくらいです。

 

※長時間続け過ぎると、肌の水分をコットンが吸収してしまうので、乾燥の原因に!!

長い時間やった方が効果があるというわけではありません。

 

コットンパックの頻度やタイミングは?

コットンパックの頻度
コットンパックのタイミングは「洗顔後すぐ」に行うのが良いでしょう。

基本的にお肌にトラブルが無ければ、

コットンパックは毎日行って問題ありません。

sensei

コットンパックについてのまとめ

 

以上が「コットンパックの正しいやり方」です。

ほんとうに簡単だし、コスパも良いセルフスペシャルケアなので

乾燥や肌荒れが気になる人は積極的に取り入れるとお肌が変わりますよ。

オゥミニョンヌブースターウォーター今回使用した化粧水は、オゥミニョンヌブースターウォーターというアイテムです。

敏感肌でも使える拭き取り化粧水を探していた時に見つけたのですが、

一本でふき取り化粧水としてもブースター化粧品としても化粧水としても使えるという便利アイテムでした。

 

ふき取り化粧水として使い、そのままコットンパックをするというケアが

一本の化粧水で可能なのが楽でした。

一回で大量に使うようにみえてコスパも良かったです。

サブコンテンツ

上へ戻る