いちご鼻ケアに効果的!正しい美容液コットンパックのやり方について

いちご鼻に美容液コットンパックが良かったので記事にまとめました。

鼻の毛穴に長い間悩んでいたのですが、

最近、毛穴の開き・黒ずみ・角栓ケア専用美容液に出会い、

イイ感じにケアできてきています。

↓ ↓ ↓ ↓

いちご鼻ケアに【ソワン】毛穴の黒ずみ・開き・角栓ケア専用美容液でコットンパックをしよう

⇒【ソワン】いちご鼻を毛穴の黒ずみ・開き・角栓ケア専用美容液で実際にケアしてみた効果&口コミ記事です。

 

でも実は最初のうちは、

なかなか効果を実感することができなかったのですよね。

なぜかというと、

推奨されている2日に1回のコットンパックをやってなかったからです…(*_*;

 

いちご鼻ケアに美容液コットンパックが良い理由

 

いちご鼻…毛穴の黒ずみ・開き・角栓トラブルの原因は、

  • 紫外線ダメージが角層に溜まり剥がれ落ちない
  • 皮脂の過剰分泌

などが思い浮かびますが、

それに加えて

  • 加齢により毛穴を目立たせてしまう老化遺伝子NF-kBが暴走する

というのもあるんです。

 

いちご鼻ケアに【ソワン】毛穴の黒ずみ・開き・角栓ケア専用美容液でコットンパックをしよう

 

今までちゃんとケアされていなかった毛穴は、

とにかく紫外線のダメージを沢山受けていて凄く痛んでいます。

 

なので、

紫外線によるダメージをリセットするためには

お手入れし始めた2週間はたっぷりと美容液を与えてあげることが大事です。

 

そこで効率よく美容液を与える方法として良いのが、

美容液コットンパックです。

 

美容液コットンパクの正しいやり方

 

コットンパックの正しいやり方を知らない人が結構多いので

まとめてみました!

 

用意するもの

  • コットン(裂けるタイプのやつ)
  • 精製水
  • 美容液

 

いちご鼻ケアに【ソワン】毛穴の黒ずみ・開き・角栓ケア専用美容液でコットンパックをしよう

端がくっついていない裂けるタイプが便利です。

いちご鼻ケアに【ソワン】毛穴の黒ずみ・開き・角栓ケア専用美容液でコットンパックをしよう

精製水とは不純物が入っていない水のことです。

ドラッグストアとかで100~200円くらいで売っています。

Amazonとか通販でも手に入ります。

 

1.

まず、

コットンに精製水を含ませます。

いちご鼻ケアに【ソワン】毛穴の黒ずみ・開き・角栓ケア専用美容液でコットンパックをしよう

精製水をスプレーボトルに入れて吹き付けるのでもいいです。

 

2.

コットンを絞ります。

いちご鼻ケアに【ソワン】毛穴の黒ずみ・開き・角栓ケア専用美容液でコットンパックをしよう

余分な水分を落とします。

 

3.

美容液を付けます。

いちご鼻ケアに【ソワン】毛穴の黒ずみ・開き・角栓ケア専用美容液でコットンパックをしよう

⇒【ソワン】いちご鼻を毛穴の黒ずみ・開き・角栓ケア専用美容液で実際にケアしてみた効果&口コミ記事です。

 

この時に美容液を無駄にしない方法として、

コットンを二つに裂いて

いちご鼻ケアに【ソワン】毛穴の黒ずみ・開き・角栓ケア専用美容液でコットンパックをしよう

美容液がついている面とついていない面を

こすり合わせるのがポイントです。

 

4.

コットンを更に裂きます。

いちご鼻ケアに【ソワン】毛穴の黒ずみ・開き・角栓ケア専用美容液でコットンパックをしよう

毛穴が気になる部分に使える枚数用意します。

上手に裂くと4~5枚くらいになります。

 

5.

いちご鼻ケアに【ソワン】毛穴の黒ずみ・開き・角栓ケア専用美容液でコットンパックをしよう

2~4分放置。

※これ以上の時間コットンを貼っておくと、

お肌の水分が奪われてしまうのでNGです。

 

6.

いつものラインで化粧水や乳液、クリームでスキンケアする。

 

以上です(*^^*)

 

精製水を使うことやコットンパックの正しい時間とか

意外と知られてないですよね。

正しいコットンパックでより効果的な毛穴集中ケアをしましょう。

 

ちなみに、

この毛穴の開き・黒ずみ・角栓ケア専用美容液は

コチラの公式サイトから購入することができます。

 ↓ ↓ ↓ ↓

 

使いやすいコットンがが2週間分ついてくるので安心ですね。

実際にソワンを使ってみたレビュー記事もありますので参考にどうぞ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

毛穴を目立たなくする美容液を実際に使ってみた効果&口コミ

⇒【ソワン】毛穴の黒ずみ・開き・角栓ケア用美容液を実際に試してみたレビュー記事です。

 

コットンパックは手軽な方法ですが思った以上に効果抜群なので、

是非是非正しい方法でやってみてください(*^^*)

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/