大人の脂性肌は若い頃と違う?女性ホルモンのバランスが重要なポイントです

今日は、あらためて大人の脂性肌の原因は何かというテーマについて書いていきます。

アラサー世代の女性に

「わたしは生まれつきオイリー肌」と

思い込んでいる人は結構多いです。

それは大きな間違いです。

 

お肌の皮脂量のピークは10代~20代前半にあるので、

アラサー世代の皮脂の分泌過剰の原因は若い人とは違うんです。

oil

このことをしっかりと頭に入れておかないといけません。

 

アラサー世代のオイリー肌はインナードライ肌である可能性が大きいです。

インナードライ肌とは肌の表面は皮脂でベタベタしているのに、

肌の内部が乾燥して水分が足りていない肌状態を言います。

 

皮脂ってそもそも何なのか

 

脂性肌は「テカる」というイメージから日本人に嫌がられる傾向にありますが、

皮脂=悪者ではありません。

皮脂は肌のうるおいを守るのに欠かせない大切なものです。

 

皮脂は皮脂腺から分泌されます。

汗と混ざり合って乳化(水分と油分が混ざり合う事)して、

皮脂膜となり肌表面に広がります。

 

皮脂膜はいわば天然のクリームとよばれ

肌をほこりや紫外線のダメージから守り、肌の水分が蒸発するのを防ぎます。

皮脂の役割は肌を紫外線やほこりなどから守ることです

肌トラブルの原因は水分と油分のバランス

 

このように皮脂自体は悪者ではないのですが、

 

皮脂分泌が過剰に分泌されると

だとお化粧くずれや毛穴のつまり、

黒ずみ、ニキビなどの肌トラブルの原因になります。

皮脂そのものが悪いのではなく、水分と油分のバランスが

悪い事が肌トラブルの原因になるのです。

 

肌の水分と油分のバランスが悪くなる原因

 

皮脂の過剰分泌の主な原因は環境やストレスが大きくかかわっています。

  • 空気の乾燥
  • まちがったスキンケア
  • ストレスなどによる自律神経の乱れ→女性ホルモンの乱れ
  • 加齢

などが挙げられます。

空気の乾燥

エアコンに当たり過ぎると肌が乾燥する

オフィスなどでエアコンに長時間当たっていると、

肌が乾燥してバリア機能が低下します。

 

すると脳が肌を守るために「皮脂を分泌せよ」と指令を出します。

その結果皮脂の分泌が過剰になります。

 

まちがったスキンケア

sengan

Tゾーンの脂っぽさを取り除くために顔を洗いすぎたり、

自分はオイリー肌であるとの思い込みから

さっぱりタイプの化粧品を使い続けることも

皮脂の分泌を過剰にします。

 

※洗いすぎといっても、日に2回しっかり洗顔料で洗うくらいは大丈夫です。

 

ストレスで女性ホルモンのバランスが崩れる

ストレスで女性ホルモンのバランスが崩れて肌の皮脂が過剰の分泌される

自律神経の司令塔は脳の視床下部と言われる部分で、

女性ホルモンの働きも司っています。

 

仕事や人間関係で緊張状態が続き、ストレスがたまると

自立神経のバランスがくずれ、

女性ホルモンの分泌にも影響が出てきます。

 

女性ホルモンのバランスが崩れると

皮膚の新陳代謝が低下して

皮脂が過剰分泌される原因になります。



またストレスと戦うために副腎皮質ホルモンというものが分泌されます。

それと一緒に男性ホルモンも一緒に分泌されます。

※皮脂の分泌は男性ホルモンによってうながされます。

ストレスで女性ホルモンのバランスが崩れる

“バリバリお仕事がんばっているキャリアウーマンの男性化”

というようなフレーズはよく聞きますよね。

 

加齢

肌の水分量も油分も年齢とともに低下していきますが、

肌の表面がテカって脂っぽいと

水分の減少に気づきにくいため、

スキンケアでの保湿を軽視してるうちに

肌トラブルが悪化していくのです。

248032

また、コラーゲンやセラミドなどの肌の成分が減るので

肌のバリア機能が低下して、

年齢とともに敏感肌にかたむく人もいます。

肌のバリア機能が低下する事でインナードライ肌状態になりやすいです。

 

女性ホルモンをセルフケアしよう

 

というわけで、

上にあげられている、お肌の水分と皮脂のバランスが悪くなる理由の一つの、

ストレスなどによる自律神経の乱れ→女性ホルモンの乱れ

もう少し詳しく見ていきたいと思います。

 

そもそも女性ホルモンって何?

 

女性ホルモンは大きく分けて、

  • エストロン(卵胞ホルモン)
  • プロゲステロン(黄体ホルモン)

この2種類です。

 

2つのホルモンは、脳の視床下部と言う部分か指令を受けて分泌されます。

shishoukabu

エストロゲンとプロゲステロンの働き

 

エストロゲンは別名「美肌ホルモン」とも呼ばれています。

肌のターンオーバーを促したり、

肌にハリや弾力を保ったり

肌を美しくする働きがあります。

 

プロゲステロンは

肌の皮脂分泌を促したり

妊娠を助けたりする働きがあります。

 

女性ホルモンは生理周期でバランスが変わります。

seirishu-ki

出典:ラ・ミューテ付属冊子 女性ホルモンセルフケアBOOK.より

 

エストロゲンと肌の関係

エストロゲンの量分泌量は20代をピークに緩やかに減少します。

加齢によるエストロゲンの減少でお肌が老化していく

出典:ラ・ミューテ付属冊子 女性ホルモンセルフケアBOOK.より

 

上の方に書いたように、ストレスが原因でホルモンバランスが崩れる

年齢以上にエストロゲンの分泌量が低下し、

シミ、シワ、たるみといった肌老化が進みます。

 

更に大人ニキビ、吹き出物、毛穴の黒ずみ、肌の乾燥、皮脂の過剰分泌などの

様々な肌トラブルに影響を与えてしまいます。

100308

 

“香り”は手軽にできる女性ホルモンケアです

 

本格的に女性ホルモンの治療を行うためには、

婦人科に通う必要があります。

それについてはここでは略します。

 

日常生活の中で、一番気軽にできるセルフケアは

アロマテラピー(香り)です。

アロマテラピーで女性ホルモンを整えると皮脂の過剰分泌が改善される

“香りが女性ホルモンのバランスを整える効果がある”ことが

最近の研究で科学的に報告されています。

houkouseibun

 

芳香成分は鼻から吸い込むと、鼻の粘膜に取り込まれ

脳に伝わります。

 

芳香成分が脳内に働きかけることによって、

気持ちがリラックスしたり、ホルモン分泌や自律神経を調節したりします。

 

鼻や口から呼吸することで肺に入った芳香成分が

やがて血管へと取り込まれ、

mousaikekkan

血液を通じて全身のさまざまな器官に運ばれ効果を発揮します。

 

女性ホルモンのバランスを整える香りについて

女性ホルモンに働きかける代表的な芳香成分は

何といってもバラです。

バラの香りは女性ホルモンのバランスを整える

バラは古来から女性の美容と健康のために薬として使われてきました。

月経前症候群

更年期症状のイライラ

ホルモンバランスの改善

子宮強壮

血行促進

などなど、女性にとって大事な働きをしてくれます。

更に、バラの芳香成分は美肌効果があり、鼻から吸い込むだけでなく

肌につけることで直接櫃にも働きかけます。

バラの美肌効果
  • 肌のバランスを整え、皮脂分泌を抑制
  • 肌老化、乾燥肌、効果肌、敏感肌にはたらきかける
  • 血行を良くし、肌を活性化する
  • 毛穴をひきしめ、キメを整え、ハリをもたらす
  • 大人ニキビに効く
  • 炎症作用

などなど。

化粧水にバラの香りのものが多いのは、

ただ単に良い香りだから、ゴージャスな香りだからというだけではなく

バラの香りがするものをぬると美肌効果があるからなんですね。

 

ローズウォーターが使われている化粧水を使おう

 

ただ、バラの香りといっても人工的なものでは効果がありません。

天然のバラから抽出した芳香成分が入っているものが良いです。

更に言うと、ローズウォーター(ローズ水)が使われてると更に理想的です。

 

ローズウォーターって何?

ローズウォーターとは何か
ローズウォーターとはバラの精油(エッセンシャルオイル)を抽出するときに

一緒に作られるものです。

化粧水の材料などによく使われています。

 

オゥミニョンヌブースターウォーターにはローズ水が使われている

 

ラ・ミューテには女性ホルモンのバランスを整えるダマスバラ花水が配合されています

 

先日使ってみたラ・ミューテ美肌セットは純国産のダマスクローズを使用した

敏感肌でも安心して使える化粧水でした。

セラミドなどの保湿成分も入っていたのでインナードライ肌ケアにも向いていました。

 

 

バラの香を鼻から吸い込むと同時に、ローズウォーター配合の化粧水で

肌からもバラの芳香成分を取り込むというダブルケアが

女性ホルモンのバランスを整えるというわけです。

 

まとめ

大人の脂性肌は若い頃と違って

本当はインナードライ肌であることが多いです。

インナードライ肌になる原因はいろいろありますが、

 

年齢やストレスによって女性ホルモンのバランスが崩れてくることが

大きな原因のひとつになっています。

 

このことを意識してスキンケアを行っていかないとな、と思いました。

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/