代表的な美白成分をまとめてみた

今回は美白成分について自分用のメモとしてまとめました。

 

美白成分=医薬部外品です。

「美白化粧品」と扱われている化粧品は全て医薬部外品なのです。

美白化粧品は全て医薬部外品です

医薬部外品と表記されている化粧品は、

ニキビは肌あれなどに対して

厚生労働省が化粧品よりも少し高い効果が期待できると認めた成分が配合されている

化粧品のことです。

 

有効成分として効果・効能を表示することができ、

薬ではないけれど化粧品より上の効果が期待できるものです。

 

医薬部外品に使われている代表的な保湿成分

 

代表的な保湿成分を挙げていきます。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンCを肌に吸収しやすいように変えたもの。

ビタミンC誘導体は美白のほかにも色々な美肌作用があります

化粧品の成分表に載っている時は、

アスコルビン酸Na

リン酸アスコルビルMg

といった名前になっています。

 

アルブチン

アルブチンはコケモモから抽出された美白成分です

コケモモから抽出された美白成分。

メラニン色素に作用するチロシナーゼという物体を抑制する作用があります。

 

コウジ酸

コウジ酸はミソや醤油にふくまれるコウジ菌由来の美白成分です

味噌や醤油などを作る時に使うコウジ菌由来の成分。

チロシナーゼ抑制作用があります。

 

エラグ酸

エラグ酸

イチゴやペルー原産のマメ科植物タラなどの植物に含まれているフラボノイド。

ハイドロキノンに近い作用があります。

チロシナーゼ抑制効果がある。

 

ルシノール

4-n-ブチルレゾルシノール

北欧のもみの木に含まれる成分。

ルシノールは商標名で、化学名は「4‐nブチルレゾルシノール」

チロシナーゼのチロシン受容部を塞ぐことによって

メラニン色素合成を抑制するというメカニズムの美白成分です。

 

m‐トラネキサム酸

抗炎症剤として使われていたトラネキサム酸を

美白成分として開発したもの。

強い紫外線を浴びて肌が炎症を起こした時に発生する

プロスタグランジンというメラニン色素生成誘導因子の発生を

抑制するということで美白効果を発揮します。

 

リノール酸

リノール酸

サフラワー(紅花)オイルやヒマワリオイルなどの植物油から

抽出された液状の不飽和脂肪酸です。

肌に親和性が高いです。

美白作用の他にも、

角層から水分が蒸発することを防いで

肌を柔軟にする働きなどがあります。

 

4MSK(4‐メトキシサリチル酸カリウム)

肌の慢性的なターンオーバー(新陳代謝)の不調に着目して

開発された成分で、溜まったメラニンを排出する効果があります。

酵素チロシナーゼの活性を抑えメラニン生成を抑制。

 

エナジーシグナルAMP(アデノシンリン酸)

シミやそばかすの根本原因に

皮膚細胞のエネルギー代謝の低下が関係することに着目して開発された成分。

 

マグノリグナン

マグノリナン

モクレン科の植物ホオノキの樹脂に多く含まれている

ポリフェノールに着目して開発されました。

メラニン色素を合成する酵素ちろしなーぜの成熟を阻害することで、

メラニン色素の合成を抑制します。

 

プラセンタエキス

プラセンタエキス
豚や馬の胎盤から抽出された成分です。

美白効果のほかに、

保湿効果や皮膚細胞の活性化、

加齢による肌のトラブルを防ぐ化粧品として

化粧品に幅広く配合されています。

プラセンタについてはこちらの記事でより詳しくまとめました。

 

D‐メラノ

ナイアシン(ビタミンB3)のこと。

メラニンの過剰生成を多方面から抑えます。

更に、メラノサイトから表皮細胞の受け渡しもブロックします。

 

TXC

トラネキサム酸セチル塩基塩のこと。

メラニンの過剰な生成が始まる時に起こる主要因子の連鎖反応を食い止めます。

 

医薬部外品以外の美白成分

ハイドロキノン

ハイドロキノン

イチゴなどから抽出した成分。

チロシナーゼ抑制効果があります。

ハイドロキノンについてはこちらの記事でより詳しくまとめました。

 

油溶性甘草エキス(クラブリジン)

油溶性甘草エキス(クラブリジン)

マメ科の甘草(カンゾウ)から抽出した成分で

グリチルリチン酸を多く含みます

消炎作用があります。

 

美白化粧品の「主成分以外の成分」に注目しよう

 

美白化粧品は各メーカーが力を入れて開発しています。

 

新しく開発された成分は、

すぐには医薬部外品として主成分として使えるように認可されません。

 

そこで、

すでに認証されている美白成分(ビタミンC誘導体やコウジ酸、トラネキサム酸など)を

主成分として新しく開発された成分を一緒に配合したりします。

 

この時新しい成分は、

保湿成分」として配合されます。

美白化粧品は複数の美白成分が配合されている場合があります

参考文献:『ムダ美容をやめればキレイになる』 岡部美代治著 講談社

 

美白成分は相性があって、

どの成分が一番効果があると決めきれないものです。

色々使ってみて自分にあったものを探しましょう。

 

敏感肌の人には敏感肌用の美白化粧品とかも出ています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/