お肌の常在菌とは?【超重要】●●●●を整えるケア方法について!

肌の常在菌のバランスが崩れると肌がアルカリ性に傾きニキビなどの肌トラブルの原因になります。

お肌の常在菌のバランスを整える、美肌になるためのケアについてまとめました。

 

皮膚の常在菌とは?

 

皮膚には1兆個以上の常在菌が住んでいます。

皮膚常在菌は

健康なお肌を手に入れるためには大切な存在です。

 

肌の常在菌のバランスが崩れると肌がアルカリ性に傾きニキビなどの肌トラブルの原因になります。

「腸内フローラ」とい言葉を最近よく耳にします。

フローラとは花畑のような、様々な菌による集合体のことで、

お肌にも同じように色々な菌が存在してフローラを形成しています。

 

皮膚常在菌はおおまかに

善玉菌、悪玉菌、日和菌に区別することができます。

 

善玉菌とは

 

肌の常在菌のバランスが崩れると肌がアルカリ性に傾きニキビなどの肌トラブルの原因になります。

善玉菌はお肌に良い影響を与えてくれています。

例えば健康な肌の人がアルカリ性の石鹸で洗顔して保湿せずに放置しても

15分ほどで弱酸性のしっとりとした肌に戻るのは皮膚常在菌のおかげです。

 

お肌のアルカリ性とか酸性って何?

 

昔、生物とか科学で勉強したことがあるはずなので、

何となく酸性とアルカリ性があることは理解できるけど…という人のために図解します。

↓ ↓ ↓ ↓

肌の常在菌のバランスが崩れると肌がアルカリ性に傾きニキビなどの肌トラブルの原因になります。

洗顔に使う石鹸や洗顔料はpH9~11のアルカリ性なので、

洗顔したての顔はアルカリ性に傾いています。

 

悪玉菌とは

 

肌の常在菌のバランスが崩れると肌がアルカリ性に傾きニキビなどの肌トラブルの原因になります。

アルカリ性を好み、痒みや炎症、吹き出物など肌に悪い働きをする菌を悪玉菌とよび、

悪玉菌が増えるとお肌の状態が悪くなり、肌荒れを起こしてしまいます。

 

皮膚の常在菌はなくてはならない存在ですが、

善玉菌、悪玉菌、日和見菌がバランスよく存在する事が大切になっています。

 

日和見菌とは

 

肌の常在菌のバランスが崩れると肌がアルカリ性に傾きニキビなどの肌トラブルの原因になります。

日和見菌(ひよりみきん)は、

単体では特別何も影響を与えない菌です。

 

善玉菌に加勢したり、悪玉菌に加勢したり

その時その時で、優勢な方についていく菌です。

案外一番やっかいな菌なのかもしれません?

 

常在菌のバランスが崩れると肌トラブルの原因に

 

肌の常在菌のバランスが崩れると肌がアルカリ性に傾きニキビなどの肌トラブルの原因になります。

 

上の方でも説明したように悪玉菌が増えると、

  • 肌荒れ
  • ニキビ
  • かゆみ、炎症

などの肌トラブルが起きやすくなります。

でも、

常在菌が善玉菌ばかりになっても色々と不具合が出てくるので、

善玉菌と悪玉菌がバランスよく存在する事が大切になってきます。

 

常在菌のバランスを整えるケアについて

 

常在菌のバランスを整えるスキンケアは善玉菌の働きを邪魔しないようにすることが大切です。

そのためには、

クレンジングや洗顔をするときに洗いすぎないようにすることが大切です。

肌の常在菌のバランスが崩れると肌がアルカリ性に傾きニキビなどの肌トラブルの原因になります。

クレンジングや洗顔をすると皮膚常在菌は一時的に洗い流されていなくなってしまいます。

強すぎない洗浄力の洗顔であれば毛穴のキメや間に残った皮膚常在菌が増殖してすぐに元に戻ります。

 

反対に洗浄力が強すぎるクレンジングや洗顔を使うと

必要な皮膚常在菌まで徹底的に洗い流されてしまうので、

増殖するのが難しくなってしまいます。

 

お肌に優しいクレンジング&洗顔料

 

最近使ってみて凄く良くて感動したクレンジング&洗顔料はコレです。

↓ ↓ ↓ ↓

 

よく、お肌の弱い人や年齢肌が気になってきた人は

クレンジング&洗顔料を見直そうと言われていたけれど、

これがそういう事なんだ…初めて実感した!!」と思いました。

汚れはしっかり落とすけどお肌に大事なものは落とさない洗顔って大事!

 

常在菌とかアルカリ性や酸性とか何か凄く【ビューティーサイエンス】な感じで興味深いですよね。

【お肌の生物化学】なコチラの記事も併せてどうぞ。

↓ ↓ ↓ ↓

角質層内ラメラ美容法で美肌になろう

 

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/