馬油の美肌作用と効果的なスキンケア方法

今回は馬油の美肌効果について書いていきます。

馬油は人間の皮脂にとても近い性質を持っているので、

お肌に抵抗なく入っていきやすいので

浸透力に優れています。

近年、馬油をは美容オイルやハンドクリームとして広く使われています。

 

馬油について色々と調べてみたので、

自分なりにまとめてみました。

馬油の美肌効果について

馬油とは

 

馬油は古くから民間療法で火傷の薬などに利用されてきた馬の油です。

「まーゆ」という読み方もします。

馬油の歴史は古くて、

約400年前に中国大陸から伝わったといわれています。

 

馬油に含まれる成分

 

馬油には不飽和脂肪酸が多く含まれています。

 

飽和脂肪酸

コレステロールを増やす脂肪酸。

動物性の油に多く含まれています。

 

不飽和脂肪酸

コレステロールの沈着を防ぐ働きをもつ脂肪酸

植物性の油に多く含まれています。

 

馬油には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸が含まれています

 

馬油は動物性の油ですが、

不飽和脂肪酸が多く含まれています。

更に、

不飽和脂肪酸の中でも質の良い

高度不飽和脂肪酸が豊富です。

 

高度不飽和脂肪酸とは、

人の対内で作ることができない必須脂肪酸の一種です。

 

 馬油の美肌作用

馬油の美肌作用

馬油の保湿作用

 

馬油は肌の上に油膜を貼ってくれて、

肌から水分が乾燥するのを防いでくれるだけでなく、

お肌の角質層にまで浸透します。

馬油は角質層に浸透します

 

馬油の抗酸化作用

 

酸化=老化といっても過言ではないくらいに活性酸素は肌を衰えさせます。

抗酸化作用とは

タンパク質や脂質、DNAが酸素によって酸化劣化するのを防ぐ働きです。

 

 

馬油の抗菌作用

 

馬油は人の皮膚に浸透しやすいので、毛穴の奥深くまで行き届き、

薄い膜を張るので細菌の繁殖を防いてくれます。

 

馬油の血液循環作用

 

馬油は浸透力が高く、

皮膚の奥まで入った馬油が皮膚の細胞を刺激し、

更に皮膚の上に油膜を貼ってくれるので保温性が高まることによって

血液の循環促進が期待できます。

馬油でマッサージをすると結構が良くなります

 

馬油の安全性について

ma-yu-akachan

馬油は副作用の心配がほぼないため、

赤ちゃんでも安心して使えます。

おむつカブレにぬったりして使う人もいるそうです。

 

馬油で効果的にスキンケアする方法

 

  • 洗顔をする
  • 顔の水を拭き取らないで馬油を馴染ませる
  • その後に化粧水→美容液→乳液orクリームでケアをする

洗顔後に水分を拭かないで馬油を馴染ませます

馬油は導入液(ブースター)としても優れていて、

いつものスキンケアのアイテムの浸透力をアップさせてくれます。

 

馬油でフェイシャルマッサージする方法

 

  • 蒸しタオルで顔を温める
  • 馬油で丁寧に力を入れ過ぎないようにクルクルマッサージ
  • 再び蒸しタオルを顔に乗せて馬油を馴染ませる

蒸しタオルで顔を温めてから馬油でマッサージする

乾燥小じわケアや

お肌の血行を良くして青くまケアをするときには

蒸しタオル→馬油→蒸しタオル

この順番でケアするのが良いです。

 

馬油でインナードライ肌ケア

 

馬油はオイルなので、

皮脂の過剰分泌に悩む人は使っていいの?と思うかもしれません。

 

↑ 上記のように、馬油はいつも使っている化粧水や美容液の浸透を良くする

導入液(ブースター)の働きがあるし保湿効果も高いです。

肌の角質層にたっぷり保湿成分を届けるために馬油を使うことは、

インナードライ肌のケアとして正しいことなのでした。

インナードライ肌に馬油を使おう

KUMAMOTO[潤馬化粧養油]
サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/