ビーグレン美白用は敏感肌にはしみる?実際に使ってみたので口コミレビューを書きました。

この間使ってみたのがビーグレン美白用トライアルセットです。

インナードライ肌ケアのために保湿力があって低刺激であることが

化粧品を選ぶ基準になっています。

でも、夏になるとやっぱり気になるのが美白ケアです。

 

肌のバリア機能が弱い敏感肌(更にインナードライ肌)のわたしでも

安心して使える美白コスメはないのかなと探したところ、

 

このビーグレンは浸透力がとにかく凄くて、

お肌の角層までしっかり成分やうるおいが届くということなので、使ってみようと思いました。

ビーグレンホワイトケアトライアルセット

ビーグレン美白用トライアルセット(7日間分)1,944円(税込)

 

ビーグレンってどんなコンセプトの化粧品?

 

というわけで、ビーグレンホワイトケアを実際に注文してみました。

 

星条旗
ビーグレンはアメリカで人気のバイオ基礎化粧品です。

とにかく「どんなに有効な成分でも、届かなければ意味がない」ということで、

QuSomeという独自の浸透技術を研究しました。

トライアルセットの種類がなんと8種類!

アラサー世代の保湿、シミくすみ、たるみ、大人ニキビ…など各種のお悩にアプローチします。

今回はホワイトケア(美白ケア)用ですが、他のも試すのが楽しみです(^^)

 

ビーグレンのホワイトケアプログラムの美白成分

 

ビタミンC美容液とハイドロキノン入りクリームを使ったホワイトケアです。

「これからできるシミを防ぐ」のではなく「今あるシミにアプローチ」する美白コスメなんです。

ビーグレンホワイトトライアルセット

注文受付メールがあったその日に発送完了メールが届きました。

とても素早い対応でした。

b-glen-open1

開封~。

ビーグレンホワイトケアトライアルセット開封しました

非常にシンプルな白い容器。

 

ビーグレンでの美白ケアの流れ。

  • 洗顔で汚れや古い角質を落とす。
  • ホワイトローションでうるおいを満たす。
  • ビタミンC美容液で肌のターンオーバーを正常化して、メラニンが肌に残るのを防ぐ=ソフトピーリング
  • ハイドロキノン入りのクリームでトーンアップ+エイジングケアの成分入りのクリームで仕上げる。

敏感肌なのでソフトピーリングが少し心配なので、そのあたりしっかり使用レビューします。

アルコール(エタノール)や防腐剤などは入っているの?

全成分表のQuSomeホワイトクリーム1.9のところに、

エタノールの表記があります。かなり後方に記述があるので、配合されてる量は少ないです。
(参考記事:全成分表で重要な部分は何か)

アレルギーがある人はパッチテスト必須です。

 

クレイウォッシュ

b-glen-wash

天然クレイ(粘土)を配合した泡のたたない洗顔料です。

メイクもこれで落とせます。

b-glen-wash-awa

両手でなじませても、ほとんど泡立ちません。

顔に軽くなじませまます。強くこするのはNG。

一回の使用量:さくらんぼ大

クレイウォッシュの使用感

肌に乗せた時は、正直に言うと何か頼りない…泡が欲しい…と思いました(^-^;

あと、洗っている最中に肘に垂れてくるのはちょっと気になりました…。

 

が、ぬるま湯で流した後の肌ざわりは予想外にスッキリです

そしてしっとり。

 

モンモリロナイトという天然クレイ(粘土)には、

汚れだけを吸着する力があるので、うるおいを洗い流さないのです

 

洗顔料にも美容成分が入っているので、

洗い上がりのつっぱりがなくしっとりしています。

 

最初は、ササッと洗っていたのですが、いつもより長めの時間で、

やさしくマッサージするような洗い方に変えたところ、

肌がしっとりした実感が持てました。

 

泡立てなくて良いので、忙しい朝に使うには便利ですね。

 

クレイウォッシュの香りは?

nendo

香り:何とも言えない?(粘土のにおい?)香りがします。

香りの強さ:弱い

嫌なにおいがするわけではないので、

そんなに気にはなりませんでしたけどね。

 

 QuSomeホワイトローション

ビーグレンホワイトケアの化粧水の使用感

一見サラサラなテスクチャーですが、

微妙にほんの少しとろみもある感じです。

液がこぼれにくくて扱いやすいです。

 

一回の使用量:直径3cm程度

クレイウォッシュの使用感

つけた後すぐに頬がモチモチしてペタペタ吸い付く感触に。

浸み込みが凄い早いです。

 

敏感肌なので、おそるおそる使いましたが、

肌の刺激は特にありませんでした。

生理中も大丈夫でした。(※個人の肌質によります)

 

低刺激のやさしい使い心地です。

美白ケア用だと忘れてしまうほどです。(笑)

クレイウォッシュの香り

musyu

 

香り:一瞬ほのかに甘い香りがするのですが、すぐに消えます。

 

 

 

Cセラム

ビーグレンCセラムは

しわ・たるみ

ニキビ・ニキビ跡

毛穴

シミ・くすみ

これらにアプローチする万能美容液です。

P1070335

濃厚なとろみのある、重ためのテスクチャーです。

手のひらに広げてやさしくハンドプレスしていきます。

伸びはけっこういいです。

 

一回の使用量:直径2cm程度。

 

Cセラムの美白成分

ビタミンC

 

ビタミンC

レシチン(大豆由来の保湿成分)

レシチンは大豆由来の保湿成分

Cセラムの使用感

なんだかじんわり温かくなる感触があります。

 

※ソフトピーリングのための美容液なので刺激などが心配でした。

取扱説明書にも

乾燥肌、敏感肌の方は、少量で様子を見ながらお試しください」との注意書きがありました。

 

敏感肌で、過去に市販のホームピーリング剤で痛い目にあったことがあるので、

おそるおそる少量使ってみたところ…

特にトラブルが無かったので次の日思い切って適量つかってみました。

 

ヒリヒリしたりかゆくなったりという肌トラブルはありませんでした。

※ビタミンCは刺激を感じやすい成分です。

 

Cセラムは朝のケアと夜のケアに使用と書いてありますが…

取扱説明書をよく読むと、

日中使用するには日焼け止めなどの紫外線防止効果がある製品を合わせてご使用ください、

って書いてあるじゃないですか!

太陽

ビタミンCって日焼けになりやすいんですよ!

 

かかりつけの皮膚科のお医者さんが、

「ビタミンCを摂取した時はあまり日光にあたらない方がいいよ」

そう言っていたのを思い出しました。

 

絶対日焼けしたくない派なので、ほんの少しでも日焼けしやすくなるのは嫌です。

 

そんなわけで、Cセラムは夜ケアだけに使うことにしました。

※わたしは日盛りに車を運転することが多い上に神経質なので(^-^;そうしただけです。

普通に日焼け止めしっかりつかえば大丈夫じゃないかと思いますよ。

 

トライアルセットでライン使いで試しているので、

Cセラム単体のおかげなのかはわかりませんが、

試している間、お肌の調子はなかなか良かったです。

このCセラムはビーグレンで一番最初に作られた歴史あるアイテムなのも安心感あります。

 

QuSomeホワイトクリーム1.9

b-glen-white-cream

さらりと軽い感触で肌に広がりやすいです。

勢いよく容器を押すと出過ぎるので注意しましょう。

 

このQuSomeホワイトクリーム1.9も夜のケアのみ使います。

 

一回の使用量:1〜2プッシュ(正規品)

トライアル品の使用量がわからなかったので、

経験上“このくらいかな”とアバウトに使いました(^-^;

 

薄く全体にぬってから、ピンポイントで重ね付けしています。

 

QuSomeホワイトクリーム1.9の美白成分

主要美白成分:ハイドロキノン

ハイドロキノンはイチゴなどに含まれています

 

 

 

ハイドロキノンはイチゴやコーヒー、麦芽などにも含まれる自然由来の成分です。

欧米では「美白=ハイドロキノン」といわれているほどポピュラーな成分。肌への刺激性があるということで、日本では使用が禁じられていたが、2001年の規制緩和で化粧品への配合が可能に。チロシナーゼ抑制効果があるが、濃度が高いと肌への刺激が若干強い。

出典:「正しいエイジングケア事典」吉木伸子著 高橋書店

QuSomeホワイトクリーム1.9の使用感

 

べタついた感じはなく、すーっと伸びて肌に浸透します。

ぬってから割とすぐにべタつきがなくなりました。

使用感が良いです。

 

ハイドロキノンは刺激を感じやすい成分なので心配でしたが、

肌への刺激もなく、安心して使えました。(※個人の肌質です)

 

美白は即効性があるものではありませんが、

低刺激なら安心して長く使い続けることができます。

QuSomeホワイトクリーム1.9の香りは?

ラベンダー

 

香り:ラベンダーの香り(?)

香りの強さ:普通

 

QuSomeモイスチャークリーム

b-glen-rich-cream

スキンケアの仕上げに使い、美容成分をお肌に閉じ込めてフタをするクリームです。

 

一回の使用量:パール1~2粒

 

エイジングケアのための美容成分が色々と入っています。

 

QuSomeモイスチャークリームの使用感

 

こってりとしたテスクチャーです。

でも、思ったよりも軽いつけ心地で、そんなにベタつきません。

最初ちょっとべタつくかもと思ってもすぐに馴染みます。

 

ただし伸びはそこまで良くないです。

 

これは染み込みが早くて、広範囲に行き渡る前になくなってしまうせいかも。

するーっと指で顔全体に伸ばそうとおもって上手くいかなかったので、

両の頬、あご、口周り、おでこ…と

細かく乗せて、狭い範囲を広げていく方がいいです。

 

これはまさにインナードライが原因で皮脂でべたつき、

化粧崩れに悩んでいる人向けのアイテムです。

 

逆にお肌にトラブルがない普通肌の人には夏の使用はちょっと重たいかも。

 

夜のケア→翌朝起きた時のテカりが軽減され、何よりメイクのノリも良いです。

朝の使用は時間に余裕をもつか、量を加減した方がいいですね。

自分なりの適量を見極めないとです。

 

QuSomeモイスチャークリームの香りは?

cleam

 

香り:レトロなクリームの香りと言うと、イメージしやすいと思います。

香りの強さ:普通

 

 

ビーグレンホワイトケアを使ってどうお肌が変わったか

 

b-glen-s

 

まず、お肌に染み込む力が凄いな、と実感しました。

QuSomeホワイトローションは美白用とは思えないです。

Cセラムは刺激も無く、無事にトライアル品を使い終えました。

正直1週間や10日ではシミが薄くなった…かな?とは強く実感できないのですが、

お肌の手触りは確実に変わりました。

 

肌のバリア機能が弱い敏感肌で肌の奥の水分が足りていない、

インナードライ肌ですが、ビーグレンでケアをしている間は

そんなにギトギト皮脂が出ていなくて、お化粧崩れも少なかったです。

 

ビーグレンホワイトケアトライアルセットの総評と購入先

 

美白化粧品は最低3ヶ月くらい使い続けないといけないと言われています。

ビーグレンは低刺激で、

しっかり角質層に美白成分も保湿成分も届くので、

美白ケアにありがちな乾燥に怯えないで使い続けられると思いました(^^)

 

ビーグレンの公式サイト

 

ビーグレンホワイトケアトライアルセットは公式サイトの通販で買えます。

 

ビーグレンの公式サイトはお得なセールをしょっちゅう行っています。

わたしの場合、

一回このトライアルセットを買ったらボーナスポイントがついて

また別のトライアルセットが半額以下で買えました(^^)

※キャンペーンはその時々で違います。

ビーグレン公式サイトはこちらです

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

ビーグレンのトライアルセットを使い終えて2、3日経ったら

何となく口周りがゴワゴワするかも?と感じ、

ビーグレンをまた使いたいと思いました。

幸いトライアルセットは何種類もあるので、こうなったら全種類制覇しよう!と思いました。

残りの7種類のトライアルセットも一個ずつ試していくのが楽しみです。

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/