あぶらとり紙を使うと皮脂がもっと分泌されるって本当なの?

あぶらとり紙は本当に使ってはダメなのかどうか?について書いていきます。

あぶら取り紙を使うと肌が乾燥して更に皮脂が分泌されるというのは嘘です

  • あぶら取り紙を使うと皮脂を取り過ぎてしまう⇒さらに余分な皮脂が分泌される
  • あぶらとり紙を使うと皮脂を取り過ぎてしまう⇒毛穴が目立つようになる

などなど。

 

何かにつけて親の仇のように害悪とされている(?)あぶら取り紙ですが

これって本当の事なのでしょうか?

(だったら世の中からあぶらとり紙って無くなってないかな?と)

 

キチンとした皮脂に関する知識を勉強するために、

MAQUIAや美的やVOCEなどにも登場している美容コンサルタントで、

化粧品成分ガイドの著者でもある岡部美代治氏のセミナーを受講して色々聞いてきました!

 

皮脂は取らないと肌に良くない

 

毛穴から出た皮脂の量が多すぎると古い角質と混ざって詰まり、

そこにアクネ菌が発生してニキビの原因に。

また、時間が経った皮脂は活性酸素と結びつき酸化していきます。

(古い揚げ物用の油を想像してみると…)

 

なので、

余分な皮脂はこまめに取った方がお肌のためには良いのです。

 

皮脂は液体だけじゃない

 

皮脂はふき取っても残る固体部分に肌を守る役割があります

皮脂というと顔の表面のベタベタを思い浮かべますが、

実は、

皮脂は液体だけで出来ているわけではなく、

ワックスのような個体の部分もあるんです。

皮脂の個体は部分が肌を守る働きをしています。

 

皮脂に含まれている成分

皮脂には色々な成分が含まれている

脂質、塩素、リン化合物、たんぱく質、スクアレン(体内で作られる皮脂の中に存在する油脂)

ワックス(固形の皮脂成分)、コレステロール、壊れた細胞の成分…などなど。

 

 

あぶらとり紙で取れる皮脂は液体の部分だけ

 

あぶらとり紙で顔の表面の皮脂を取っても、

液体の部分しか取れず、個体の部分は残ります。

あぶら取り紙で皮脂を取り除いても皮脂の固形部分が残るので肌の潤い守られます

というわけで、

顔の表面のベタつきが気になる場合は

あぶらとり紙で押さえて取るのは正しいことのなのでした。

皮脂はあぶらとり紙で取っても良い

あぶらとり紙じゃなくてティッシュの方がよい、

という情報もありますが

ティッシュの繊維が顔についてあまり良くないのです。

あぶらとり紙の代わりにティッシュは使わない方がいい

ティッシュより、あぶらとり紙を使った方が良いと

BA(美容部員)の知り合いが言っていました。

 

1日に1、2回程あぶらとり紙を使用することは問題ないです。

擦らずに優しく抑えて使いましょう。

 

コチラの記事も併せてどうぞ。

↓ ↓ ↓ ↓

毛穴の黒ずみ・開き・角栓の原因と改善ケアについて

サブコンテンツ

上へ戻る

/*こちらに解析コードを設置する*/